« シグマDP3Merill その4 | トップページ | 新商品関連 その2 »

新商品関連 その1

 なんといっても私的にはコレですよねw

Dp1q_0002

 DP1Qが登場したのは順当ながら、この巨大な背面接眼アイピースが個人的なトピック。もうコンパクト機というジャンルを超越し、利便性一辺倒の大袈裟なアイテムなのですが、シグマDPを使ってますと納得できるものがあります。

 EVFでいいからファインダー内蔵してくんねーかと思うDPシリーズでして、ファインダーを内蔵したらもっと大きくなるんだろうし、EVFでバッテリーの弱点が助長されるわけですが、パララックスを嫌うとEVFくらいしか解決手段がなく。
 その点、嵩張りすぎとはいうものの、背面液晶がわりと頼れるDP(メリル以降)なので、こういったビューファインダーもひとつの解決手段なのかもしれないと思えます。
 少なくとも、外光が強くて液晶がなにも見えないような時には確実に助かりますね。

 接眼することによりカメラホールドの一助になることも考えられますが、ずいぶんと手が前方へいっちゃいますんで、構えとしてはやってみなきゃわかんないものはありますなw

Dp1q_0001

 DP1Qではレンズをリニューアルしてきましたね。写りが気になります。メリルではキレッキレすぎるわ場面によって歪曲が出るわ、個性的な写りでしたからね。
 TC-1を思い起こさせるようなDP1mの写りは嫌いじゃありませんけれど、たまに歪曲を敬遠してボツにすることもありましてね。もうちょっと普通の写りでもよかったんじゃないかと思うこともありますんで。
 登場が予告されているDP3Qも、ことによるとレンズを変更してくるかもしれませんね。一定の色調の被写体で描写がガラリと変わる印象がありますんで。センサーではなくレンズのような気がしています。

 シグマDPについては最低でもあと1年はメリルで頑張る予定。クアトロはみなさんの傑作を鑑賞する側ですわ。

|
|

« シグマDP3Merill その4 | トップページ | 新商品関連 その2 »

機材ネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シグマDP3Merill その4 | トップページ | 新商品関連 その2 »