« ストレスの向かう | トップページ | DP3mキター »

迷い人

 ちょろすな更新がやっと季節に追いついてきたかの観はあるものの、それでも1ヶ月遅れでした(^^ゞ
 カメラ片手に散歩なんてことをしなくなりましたので、どうしても集中的なネタに走りがちなのです。そんな現状を反省して、この秋は細かく出歩こうと思ってます。武器を手に入れる予定ですしなぁ。

Img_0062_2

 で、DP1mは28mm相当のレンズを積んでるわけですが、かつてのミノルタTC-1のような歪曲があるレンズでしてね。キレるレンズではあるのですけど。
 TC-1の場合は、歪曲よりもスペック外に浪花節的なシプい写りをする魅力があって、あのコンパクトなカメラ哲学を感じる筐体もありまして、ひとつの世界を作っていると思えるんですが、DP1mのレンズは浪花節臭が薄く、むしろカリカリ系でして。

 いやレンズとボディが一体として語られるべきリジット機なので、メリルセンサーも克明に描きがちながらも色調には浪花節なところがあって、WBは太陽光ロックが当たり前なところも銀塩的で浪花節なのですけれど。

 DP1mを使ってて、慣れたはずの28mm相当画角に自信がなくなりましてね。こんな感じだっけかな?と不安になることが多々あるんです。
 一度は35mmの画角に落ち着いたはずが、ミノルタTC-1ですとかリコーGRで28mmに慣れ、そのままのつもりでいたのですけど、ブラブラ撮り歩くことがめっきり減った昨今は、どうにも28mmの画角がフィットしなくて。

 そういった意味でのRX1という寝言だったりします。35mmの画角で基本に立ち返りたいみたいな。
 フルサイズ機というのも意味があります。35mmレンズの絞りの感覚を銀塩からそのまま持ち込めるでしょうからね。

|
|

« ストレスの向かう | トップページ | DP3mキター »

機材ネタ」カテゴリの記事

コメント

 自分も最近は28ミリが広角過ぎて、35ミリがすごく
使いやすくて自分でびっくりです。
 ・・・・・実はソニーのα7系でレンジファインダー
レンズをフルサイズで使ってみようかと時期をさぐって
ます。35~40ミリレンズが手持ちのレンジファイ
ンダーレンズでは多いので。
 いろいろ完璧でないところがあろうと、まぁ、
まだフルサイズミラーレスは発展途上だと思うんで、
初代DPシリーズを使ってると思えばいいかなと。
 まだまだ先にはなりそうですが・・・。 

投稿: hk | 2014年8月21日 (木) 21:46

RX1のゾナーに惚れましたw

投稿: ビヨ | 2014年8月22日 (金) 22:01

「35ミリのゾナー」といわれたら、ゾクゾク
すると思います。
ゾナーで35ミリというと、T3くらいしか
思い浮かびません。
広角のゾナーってないですよねぇ。
惚れたレンズなら、高くても納得できると
思いますよ。
癖というよりRX事態の問題かと思いますが
はまると素晴らしい写りのようですね。
「ただ押せば写る」よりも、なんか魅力
感じちゃいますね。

投稿: hk | 2014年8月22日 (金) 23:20

DP3mが届きまして、使う甲斐がありそうなカメラで、しばらくはこれに注力。RX1のことは忘れていることができそうw

投稿: ビヨ | 2014年8月24日 (日) 19:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ストレスの向かう | トップページ | DP3mキター »