« 夏タイヤ替えました | トップページ | 遊びに行ってきます »

クラウドファウンディング

 夏ボ後の水曜日というのは、しばらく緊張の曜日でしてな。

 週末に予定があるなら、そこでデビューさせる機材は中1日で水曜の夕方まで発注しないと間に合わず。
 火曜の夜から水曜の午後まで考え続けたりしまして。ああ週末には間に合わないのだな、と気がつく水曜の夜はホッとしたりしましてね。あと一週間は真剣に検討する苦痛の時間はないのだとw

 物欲へ強力なロックを自らに課すと、調達前提で機材検討する時間が、快楽ではなく苦痛になるのでありますよ。とりあえずユリシーズさんのDPメリル用ボディスーツは買い物カゴへ入れたりはしてますが。
 それならもう調達計画そのものを破棄しちゃえばスッキリしそうなもんなのですけれど、そこまで脱オタクはできていない模様www

 話は変わりまして。

Img_1180_2

 クラウドファウンディングというやつに参加してみたい気持ちはずっと抱いていたのに、なかなかチャンスがなくて空しく過ごしていた私。

 小惑星イトカワからサンプルをゲットして見事地球へ帰還したJAXAのはやぶさ初号機。あれ、市民から寄付を募っていたのを知らず、なんだよ知ってたらガッツリ投資したのになぁという悔しい思いをしました。
 自分が投資した人工衛星が、未だ人類が成し遂げることができなかった冒険へ挑んでると思えば、ものすごくワクワクすると思いませんか?
 しかも投資した市民の名前がはやぶさに搭載されてるプレートに刻まれるなんてね、なんとなく誇らしいじゃありませんか。

 いやクラウドファウンディングってのは、えてして自己満足のためのきれいごとをお題目にしてる左巻き系ですとか、おめえ他人の財布をアテにしてるだけだろうとか、怪しすぎるテーマが多いのは承知してますわ。
 そんな中、ミリオタである私の琴線に触れるネタがありまして。

Cf73deb580e0f7454854ac517dbc049b89c

 くろがね四起。日本初の国産四輪駆動車です。戦前の設計。当時の世情からして、軍用車としての転用が大前提であり、多くは大陸へ渡った車両です。
 現存する車両は皆無に近いというのに、なぜか京都の町屋物置からボロボロのくろがね四起が突然発見され、しかも生産台数極小の前期型であると判明。これをレストアしようというプロジェクト。

 細々としたことは省きますが、レストアプロジェクトに納得した私はクラウドファウンディングに参加。この車両がレストア完了した暁には、展示ブース前へ私の名前が刻まれたプレートが掲げられるそうです。
 日本の技術遺産といいますか、四輪駆動車が各国で当たり前に戦場へ投入されていた当時、やっと日本が作り上げた四輪駆動車という点で、歴史のマイルストーンといいますかね、日本の頑張りを証言してくれる車両なのですよ。

 微々たる投資でしたのでTシャツをもらって喜んでるレベルですが。

|
|

« 夏タイヤ替えました | トップページ | 遊びに行ってきます »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏タイヤ替えました | トップページ | 遊びに行ってきます »