« 高いなぁ | トップページ | クアトロセンサー。ふむう。 »

ザ・貧乏性

 前回の続きっちゃ続き的な。

 どうもね、最近はカメラ欲といいますか、購買欲が低下してましてね。いい傾向だと自分では思っていますが、趣味的にはつまらんですよねw

Rx1r_0002

 憧れのカメラがあるというのは幸せだ、という観点からするなら、ソニーRX1は今でも使ってみたいカメラの筆頭かもしれません。
 「このカメラ1台で、どこまでも旅をしてみたい」と思わせてくれる感じが、期待しすぎな銀塩上がりのオッサンといいますか、ソニーさんの商売上手といいますかw

 けれど田舎サラリーマン(常に低収入のワースト3に入る田舎へ住まう身でもありw)にはあまりにも贅沢なカメラであることは間違いなく、もしもRX1へ手を出したら、人生で一番高価なカメラを買ったことになるくらい。ちなみに一番高価だったのはEOS-1v。次点でライカM5っすかね。

Sigma_quattrodp2_0001

 こいつが35mm相当の画角を持つ新設計レンズなら、おそらく購入計画とか実際に使用するシミュレーションをしたことでしょうよ。
 35mm相当じゃなくても、40mmとか。最近すごく思うのは35mm相当の使いやすさです。使いやすいけどレンズの個性に頼れないという厳しさもありますが、なんだかんだでオールマイティなのは35mm(もしくは40mm)の明るいとこじゃないのかなとね。

 DP2mは換算45mmという微妙なところでして、実は何度か調達を検討してはいたのですが、45mmを使いこなせる自信がまったくありませんで。

Img_2378_2

 そう、コンタックスGのプラナー45mmで苦戦した記憶が強くてですね。使ったことがあるレンズの中で一番上品に写るプラナー45mmといえど、画角的に使いこなせていなかったのは事実でありましてね。
 レンズ交換可能機なら、プラナーと他のレンズの併用ということもできますが、リジットの固定レンズとなると、45mm一本勝負はまったく自信がございません。不安感ばかり先走る状況。

Img_2188_2

 DP2xがあるからDP2mは不要、と言い訳していたのも、微妙にレンズの焦点距離が違うというのがありまして。
 DP2xは41mm相当。ちょっとの差とはいえ、40mmに近いほうが安心感あります。ロッコール40mmで楽しんだ記憶が蘇ってくるわけで。

 などと考えてますと、EVFでいいからファインダー欲しいという欲求を重ね、むしろフジ写のX100なんでねえの?と思ったりもしますが、細かく見てくともうちょっと予算足してXE2とか、そっちのほうが楽しそうだと気がついたりしますしねえ。
 前も書きましたが、フジ写さんのXシリーズはレンズがいいですね。無駄なラインナップがなく、ここ一番に投入したい本気レンズから便利レンズ、もしくは軽量級レンズまで揃ってますもんね。単焦点で遊ぶのが楽しそうなところが羨ましく。

Img_0151_2

 で、我がKX7とEF28mm/F1.8なのですが。

 開放で暗いとこを撮るとオールドレンズ然としていて、これはデジタル適正ねえだろっていうか、銀塩でもいまひとつのレンズだったもんなーなんて思いたくなるところですけれど、意外にシブい描写になる場面もあることを原版整理していて発見しましてね。
 キヤノンAPS-C機は換算約1.6倍になるので、28mmレンズの画角は45mm相当ということになり、私が苦手とする画角になるわけですが、ここで「待てよ?」と。
 このレンズで練習しといたら、もしかしてdp2Quatroを使えるようになるんでねえの?なんていう貧乏性w

 つーか、KX7が悪いんです。メモ機と常用機とマジ撮りのすべてをカバーしかねない存在で、パンツカメラにするには大きすぎるということしか否定する理由がなくて。
 パンツカメラはスマフォでカバーできるかもしれないご時勢ですしな。Android機からiPhoneに切り替えた最大の理由が、かなり練りこまれたカメラシステムだったりしますしねえ。

 「買わない理由」が多すぎるということは、私が欲しい理想のカメラは存在しないっつーことですな。

|
|

« 高いなぁ | トップページ | クアトロセンサー。ふむう。 »

機材ネタ」カテゴリの記事

コメント

あたまん中を整理するのは必要ですよねぇ。
いえ、自分もいろいろ買おうかと考えて、
結局今のシステムで十分だわとなり。
DFやらE-M1やX-E2を買うことはできる
んですが、どれも「買わない理由」が
いろいろ出てきまして。
 ペンタックスのフルサイズが出てきて
くれたら全部解決できるんですけどね、
実は。これがないからこそ「代替」
を考えるだけなんです。

投稿: hk | 2014年6月26日 (木) 00:17

「代替」っつーのはありがちですよね。次善三善だったりもしますが。
キヤノンX7は頭の中で考えてた「こういうカメラがあったらな」のひとつに近いところがあって、その意味で納得して使ってるとこがあります。
でもやはりレンズに惚れてみたいなぁという欲求もありましてね。アバタもエクボでグイグイ使いたくなるレンズに。

投稿: ビヨ | 2014年6月26日 (木) 08:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 高いなぁ | トップページ | クアトロセンサー。ふむう。 »