« 秋田中年野営組合 6月編 その3 | トップページ | ザ・貧乏性 »

高いなぁ

 私がどうしてRX100M3に言及しないのかと思ったでしょ?www

Rx100m3_011

 新モデルが出ると聞いて、もちろん興味津々ではありましたよ、ええ。不細工になろうがEVF搭載なら歓迎できるところですし。
 けれどいざ発売になったら、田舎サラリーマンが常用パンツカメラとして使うには、いささか高価すぎるのですね。「そんだけ出すならメリル機をもう1台買うわー」みたいな。

 レンズが24-70mm相当でしたっけ、明るいやつになったのとEVFギミックの搭載がトピックなのでしょうけれど、RX1とは違ってレンズの説得力が映像エンジンで相殺されている観がある描写では、むしろ使いやすい焦点距離であるほうが好感を持てるかなと。

 望遠側が短いってのは、これ明るいレンズのボケで勝負するか、あるいは前モデルのように100mm相当の焦点距離で単純に見せるかっていう差ですけども。
 便利ズームを使ってて感じるのは、焦点距離が広く使えるズームのほうが暗いレンズでも撮れる範囲は広いってことでしてね。
 RX100へおのれのすべてをぶつけるという硬派ユーザーでない限り、おそらくこのクラスのカメラを使う人の大半は一眼レフとかのメイン機を使う人だと思うんです。ならばRX100はあくまでサブとかメモ機でしょうから、その場合は絶対的なレンズ性能よりも利便性が求められると思うのですよね。
 そういった考えからズーム比は高いほうがいいんでないかと思ったりしましたよ。

 ただし一眼レフを持ち歩くわけにはいかない日常で、どうしても高画質を得たいと考える人もいますよね。海外出張が多いビジネスマンなんかはコンパクト機しか持ち歩けず、なんぼでもセンサーが大きい機種を求めてRX100一択というケースはあると思います。
 で、前機種のレンズが望遠側で暗く、マクロが広角域でしか使えない仕様を不満に思っていたユーザーさんなんかは、新しいレンズを積んだことは朗報かもしれませんよね。
 前モデルとの比較画像、例えば望遠側におけるボケ具合の検証とか、あるいはマクロ域での描写の違いなんかがわかると、高価であっても存在意義が出てくるような。

 個人的にはEVFの搭載がトピックですね。引っ張り出してアイピースを手前に引き出す2アクションで、いつか壊れるだろっていう心配はともかく、EVF内蔵には需要があるんだよという認識を業界が持ってくれるとうれしいとこです。
 視野率80%なんていう歪んだ光学ファインダーを搭載されるくらいなら、EVFのほうがマシと私は考えています。ディマージュシリーズに搭載されたEVFとは違い、現在の技術ではEVFはかなり実用的なものになっています。テキトーな光学ファインダーを積まれるよりもなんぼかマシな話でして。

 いや価格がもう個人的に圏外ですから検討範囲外ですけども。RX100M3に刺激されて、ファインダーを搭載するカメラが当たり前になんないかなー、という希望ですよw

|
|

« 秋田中年野営組合 6月編 その3 | トップページ | ザ・貧乏性 »

機材ネタ」カテゴリの記事

コメント

EVFはエマージェンシー用って感じですね~。解像度はともかく、小さすぎるのはいかんともしがたい。ピーカンの屋外で液晶が暗くて見えない時にはあったほうが助かるよね、というくらいな。それでも嬉しいけど。

マクロが強化されたのは正常進化。最短が20cm短くなり、ふわふわとした近接性能もかなり改善された模様。

既に工場に旅立っているので、帰ってきたら詳しく検証します(;_;)

投稿: エンゾー | 2014年6月24日 (火) 13:12

入手したのですねwww

投稿: ビヨ | 2014年6月25日 (水) 18:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋田中年野営組合 6月編 その3 | トップページ | ザ・貧乏性 »