« 秋田中年野営組合 6月編 その2 | トップページ | 高いなぁ »

秋田中年野営組合 6月編 その3

 つい先日まで朝夕は暖房を使っていたような気がするのに、5月後半からいきなり暑くなって冷房スイッチオンとか、極端すぎるのですよね。
 ましてや私が住まう地区はコンクリートとアスファルトで、日中の熱を夜になっても保ちがちで、かつ私のアパートの部屋は西の角部屋。夕方から急激に暑くなってくる環境。

 話は変わりまして。

Img_1013_2

 ストームクッカーの仕掛けといいますか火力といいますか、これでどこまでやれるんかなーというチャレンジっつーのは、基本的にアルコールストーヴの火力の弱さに対する不安というものがあるわけです。

 ストームクッカーへ仕込めば別物のパフォーマンスを発揮するトランギアアルコールストーヴながらも、無風の時と風がある時では火力に差があるのは事実。
 適度に風が吹いてるなら、風上側とされている方向へ向けて火力を素早くキープできるのですが、無風だと上昇気流=煙突効果で火力が安定するまでワンテンポ遅れる感じなのです。野営のワンテンポですから5分単位ですかね。

Img_1017_2

 とはいうものの、バウルーのホットサンドメーカーを試してみましたら、バウルーが蓄熱してる状態ならまったく問題無し。
 むしろ高火力火器よりも神経質にならずに済む感じでしたよ。ただ風はある程度吹いている状態であったことを明記しておきます。ストームクッカーを置いている場所はほぼ無風状態でしたが、テント外はそよ風程度でした。

Img_1018_2

 これで焼き網を使えたらストームクッカー単独でイケるんでねえかと思うものの、焼き物については「燃料由来の変な味が食材につく」「焼き物から落ちた脂がストーヴに悪さをする」の2点を意識しないわけにはいかず。
 落ちる脂とストーヴの炎を分散させる点については対策を考えているのですけど、どうもアルコール燃料は匂いが移りそうな気配がありまして危惧してはおりますよ。

|
|

« 秋田中年野営組合 6月編 その2 | トップページ | 高いなぁ »

アウトドア2014」カテゴリの記事

コメント

電器屋で例の10-18を触ってきました。
小さくて良いです。横に置いてあった作例のプリントも隅っこまで良い感じでした。
ただ、やっぱりズーム比が小さいなという印象。
無理してないから画質を保ててるんでしょうね。
x7を2台にこれと便利ズームを付けたら機動力高そうです。

投稿: こんどう | 2014年6月17日 (火) 20:56

納得いくようなら来月あたり、とは考えているのですけれど。元から安いレンズですから価格変動はたいしたもんじゃなかろうと思いますし。
16-28mmって感じですよね。ズーム比が2倍弱ですんで物足りなさはあるかもしれませんが、単焦点の広角を2本持つより楽だと考えてます。
やはり単焦点じゃなきゃ無理なのか、という場面が少なきゃいいんですがねえ。かといって置き換えできる単焦点レンズはないしw
そうなると同じようなクラスの広角ズームで比べちゃうことになりまして。重いレンズはX7に合わないという前提はあるのですが。

投稿: ビヨ | 2014年6月19日 (木) 10:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋田中年野営組合 6月編 その2 | トップページ | 高いなぁ »