« センス無し野郎 | トップページ | 秋田中年野営組合 6月編 その2 »

秋田中年野営組合 6月編 その1

 つい先日まで朝夕は暖房が必要だったというのに、いきなり秋田県だけ常に高温とか、いろいろと試されている大地的な雰囲気が漂う昨今ですが。

Img_0995_2

 中年野営組合は出撃しておりました。遠くに見える山は鳥海山。

Img_1002_2

 久しぶりの飛の崩。久しぶりというか、ほぼ1年ぶりですね。以前は知る人ぞ知る日本海沿岸の野営可能地だったのが、最近じゃ地元にかほ市のサイトで野営地として紹介されるなど、メジャーになりつつある傾向。
 隠れたマイナー野営地として貴重な存在で、ライダーさんには知られた存在だったようで、日本全国一周系のライダーさんをよく見かけたものですが、昨年あたりからにぎやかになってきたように思えます。

 ただ野営向けにきっちり整備されているわけではなく、バーベキュー広場に毛が生えたような設備ですんでね、オカネをたっぷりとかけた野営を身上とする意識高い系の方々は訪れるはずもなく、相変わらずの雰囲気は保っております。

Img_1000_2_2

 こんな位置に設営しちまったのですけれど、実は狙ってた場所に先着の地元若者組がいましてね。野営地としては半端であっても、水場とトイレに比較的近くて海も眺められるポイントは狭く、そこを取られると厳しいんですw
 んで開き直って奥まった落ち着ける場所を選択しつつ、ちょっと丘を駆け上がればすぐ海を眺められる位置を選んだ次第。

Img_0996_2

 実は今回は課題を持ち込んでまして。火器はストームクッカーオンリーでやってみようと。いちおーガス燃器具とボンベも持ち込んではおりましたが、よほどの状況じゃなければガスには手をつけないという方針で。

Img_1003_2

 というのもですね、かつてソロでプリミィティブに野営をしようという方向から、最近は「どうせクルマ移動だから」と荷物を増やしがちだったんですな。
 せっかくストームクッカーというおもしろい火器+調理器具があるというのに、それをフルに使わないというのはどうなのよ?と自問自答してまして。おそらくストームクッカーを使い倒すことに荷物を減らす意味があるのではないかと。っつーかストームクッカーそのものが嵩張りますからね(^^;

20140614_03_2

 こんな感じから。

20140614_05_2

 こんな具合に。

 ホワイトソース炒めにチーズを載せ、100円ライターバーナーで表面を炙り、乾燥パセリを散らしてみましたよと。種明かしはそういうことですwww

|
|

« センス無し野郎 | トップページ | 秋田中年野営組合 6月編 その2 »

アウトドア2014」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« センス無し野郎 | トップページ | 秋田中年野営組合 6月編 その2 »