« 秋田中年野営組合 その3 | トップページ | EF-S10-18mm »

秋田中年野営組合 その4

 ダメ技師とはいえ、配置3年目ともなると、いろいろと仕事を振られていっぱいいっぱいになるものですねw

Img_0866_2

 話は変わりまして野営。

 珍しく混んでる野営地へ行きましたので、よそ様の観察などをwww

Img_0860_2

 こちらはソロでバイク旅をなさってるご様子。モンベルのソロ用ムーンライトに小さなタープを組み合わせてロースタイル。旅慣れてる雰囲気が漂い、こういうスタイルに一時期は憧れたものでしてなぁ。

Img_0871_2

Img_0872_2

 そういったスタイルとは逆で、こちらはかなりオカネがかかった贅沢スタイル。けっこうお高いテントへ、これまたけっこうお高いドームタイプのシェルターを接続した上に、テント用薪ストーブまで装備。
 たぶん私が見かけた野営スタイルで一番オカネがかかってますね。手馴れた雰囲気の方々で、もう私のようなグダグダ里山派とはいろいろ違う世界ですねw

Img_0862_2

 バウルーのホットサンドメーカーを初めて野営へ持ち出してみました。欧米ではトラッドなアイテムの日本ではホムセンでも調達可能な比較的安いものでして、お試しではいろいろ遊んでたんですが、野営へ持ち出したことがなくて。
 これ、手早く温かいものを食べたい時にいいですね。すぐ火が回ってでき上がるので、待ってなくてもいいんです。というかのんびり飲みながらやってると黒こげにw

Img_1954_2

 スノピのトラメジーノなんていうとお値段も大きさもけっこうなものになっちゃいますが、バウルーのホットサンドメーカーなら、財布に優しくてスリムに持ち歩けます。
 これ野営でかなり強力な戦力になるんじゃないかとね、今回すごく思いました。徒歩行では贅沢装備ながら、クルマ移動なら荷物の隙間に入れられる感覚なので。

Img_0870_2

 ストームクッカーもまだまだ課題があります。これ一本勝負というものをまだやってませんし、なんだかんだで家族世帯向け(大人2人子供2人)を想定して売られている市販の各種食材にストームクッカーSサイズは容量が合ってない気がしてますしなぁ。

 ストームクッカーSはソロか2人向けの容量なのですが、ソロ向けならもっと荷物は減らす手段があるわけですし、スーパーなんかで売られている食材を消化するには小さ過ぎるとこがありますね。
 ライスクッカーにピタリと収まってる現状に私は文句がありませんし、黒仕様に価値を感じてまして、これで完結しているという感覚が強いのですけれど、家族持ちですとか複数パーティならLサイズがオススメっていう雰囲気。

Img_0827_2

 あたしゃ黒いミニケトルを愛してますから。Sの黒で十分納得してますw

|
|

« 秋田中年野営組合 その3 | トップページ | EF-S10-18mm »

アウトドア2014」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋田中年野営組合 その3 | トップページ | EF-S10-18mm »