« 秋田中年野営組合 | トップページ | 秋田中年野営組合 その3 »

秋田中年野営組合 その2

Img_0819_2

 里山野営地として当地県南の穴場だと思っていた仏沢公園ですが、GWともなるとちゃんと利用者がいるのですね。
 わかりにくいかもしれませんが、4張りほどロッジタイプのテントが並んでます。オカネある人は違うわ。

 といっても当地のGWは夜間の気温が一桁になることが当たり前でして、昼間の気温が高かかったとしても誰でも気軽に野営できるような気候じゃないんです。それなりのシュラフがないと夜はつらいだけかもしれんのですよ。海沿いの野営地ならともかく、里山野営地なのに、みなさんよく野営なんかしてるなぁ。

Img_0802_2

 珍しく早く現地入りしたおかげで一番いい場所を確保できたものの、天気予報通りに夕方から雨と風が。そのためテント前室にてコミコミと晩飯。
 前室が広いテントはこういう時に助かるのです。前室で炊事ができることを私がテント選びの条件にしているのは、天候の急変やら気温が予想外に下がった場合など、少しでも楽をしたいからです。

Img_0790_2

 買ったオモチャは早速試すということでw

 暗くても暖かい灯りが欲しいなら、かなり前に買った暖色LEDのランタンでもいいわけなんですけれど、やはり火が灯っている雰囲気もいいよねと自分に言い聞かせてみたんですよ。

Img_0817_2

 消した時にテキトーなやり方をしちゃったんですかね。朝になったらランタンの中が蝋の塊にw
 これ消す時にローソク部分を下から取り出して消してやんなきゃいかんのでしょうね。収納位置にしたら自然に消えるもんだと思ってました。いや自然に消えたのですが、蝋の部分が上から押し付けられて流れちゃったみたいで。取り扱いに要注意って感じ。

Img_0824_2

 公園のテーブルとペンチを一組占有できる状態でして。朝から天気がよろしかったので使わせてもらいました。野外活動的な雰囲気w

Img_0834_2

 ストームクッカーの器をガスで。2人前を器ごと別に作りましたので、2回温めなきゃならず、そうなるとストームクッカーの手間よりガスが早いかなと。道具と戯れるより、周囲の景色を眺めていたいような気分でしたしね。

Img_0821_2

Img_0843_2

|
|

« 秋田中年野営組合 | トップページ | 秋田中年野営組合 その3 »

アウトドア2014」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋田中年野営組合 | トップページ | 秋田中年野営組合 その3 »