« 土門拳文化賞 | トップページ | キャンドルランタン »

テストちう

Img_0160_2

 シグマ17-70mmの3rd。なんとかKX7に合うのではないかとテストちう。初代と大きさが変わらず、使いやすい焦点域。先代で気に入らなかったチリチリした写りが改善されているという噂で。

 まだ今のところイヤな描写は確認しておりません。28-100mmクラスの焦点域。全域で寄れる安易さ。
 そして広角側の明るさに加え、絞り開放であえて淡くする味付けも感じられ、先代のとにかくシャープならそれでいいだろ的な味付けとは一線を画しているように思えます。バランスがいいかもしれません。

Img_0163_2

 新シリーズになってからレンズがいいデザインになりましたね。スイッチの出っ張りが少ないデザインになりました。それでいて操作には影響がなく。見事な処理。

Img_0164_2

 左手で支えるレンズというものをしっかり考えた溝の掘り込みもいいですね。手や指が当たる部分だけ掘り込みがあり、あとはスッキリ。
 実用性と外観デザインの両立といいますか。工業デザイン的にも優れているように感じます。

 ズームレンズ一本で欲張るなら換算28-200mmくらいがベストかと思ってますが、ある程度の明るさを求めると28-100mmクラスになっちゃいます。
 もちろんキヤノン純正レンズに比べてライブビュー時のAFは迷いが多くて遅くなるわけですけれど、光学ファインダー重視ならたいした差はありません。
 手ブレ補正も新シリーズになってから制御が変わったように感じます。ファインダーでの見え具合が変わりましたね。動作しているのがわかるくらいになりました。

|
|

« 土門拳文化賞 | トップページ | キャンドルランタン »

機材ネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 土門拳文化賞 | トップページ | キャンドルランタン »