« REVO-GZその後 | トップページ | 単に疲れ果てていただけです »

温泉に行ってました

Dscn0654_2  

 週末は打当温泉というところで遊んできました。近代産業遺産探索の変質者が集うとかいう新年会になぜかご招待されましてwww

20140203184138_2

 秋田県の中でも山深い阿仁地区の、そのまた山奥の温泉地ということで、積雪と低温にはいささか警戒していたのですけど、今期は大雪で困ってるのが県南内陸地区のみで、かつ気温もそんなに低くは推移してないので、たぶん例年以下であろうと思ってました。

Img_6685_2

 まあこんなもんでして。危惧するほどのハードモードではございませんでしたよ。

 むしろ天候が雪ではなく雨になったりしましてですね、せっかく阿仁まで行くなら樹氷でも拝んで来ようかと思いましたが、どうも山の上の状況はあまりいい按配ではなさそうで。

Img_6679_2

Sdim1382_2

 マタギの鉄砲を見物したり、超ローカル駅の駅中洋食店で馬肉ハヤシライスを食ってきたり。

Sdim1390_2

 異人館にも行ってきましたですよ。阿仁というのは鉱山で栄えた土地柄で、明治初期に外人の技師さんが指導に来ましてね、彼らの住居ということでレンガ造りの洋館が建てられたりしたのですよ。
 その洋館に隣接して資料館があり、外観は田舎くせえ便乗資料館っぽいくせに、係員の説明を聞いたらおもしろくてですな。

 なるほど鉱山をおもしろがる人の気持ちがわかりましたわ。江戸時代になんでそこまで技術が進んでたのかと驚くくらいで、現代の下水処理に通ずる技法とか、いちいち感心せずにはいられないという。
 この山奥の阿仁の鉱山と、青森県境に近い太良鉱山の鉛が、きみまち阪の精錬所で合流する意味とか、鉱物を運搬する水運とかですね、立体的に繋がっていて驚きましたわ。

 そして鉱山があると副産物として電気が通ったり、独特の文化が育ったり。文化史という点でも鉱山というのは歴史を立体的に見せる灯りなのだなぁなんて、つくづく考えさせられましたね。

|
|

« REVO-GZその後 | トップページ | 単に疲れ果てていただけです »

ローカル」カテゴリの記事

コメント

ありゃ、阿仁にいかれましたか。
子供のころ、なんだかあそこ辺りには行く
機会が多かったです。
今行くと自分でもびっくりするくらいに
山の中ですけどね。
これだけ不況だ人口減少だといいながら、
なんとか営業してるのは結構すごいん
じゃないかと思ったり。
 馬肉のハヤシライスは食べてみたいです。

投稿: hk | 2014年2月 3日 (月) 21:27

馬肉ハヤシは甘口でよろしければ一度ご賞味を。
馬肉を使っている話題性より、本物のシェフが作ってるとこが注目点。
昼だけの営業デス。

投稿: ビヨ | 2014年2月 4日 (火) 18:17

肝心のお店は、内陸線の阿仁合駅の中にある「こぐま亭」。

投稿: ビヨ | 2014年2月 4日 (火) 18:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« REVO-GZその後 | トップページ | 単に疲れ果てていただけです »