« 単に疲れ果てていただけです | トップページ | このへんかなぁ »

はあ?クアトロセンサー?

 前エントリーでは「物欲を燃やすのは無駄」という自分に言い聞かせるかのような結論を出してみたものの、冬ボでなんも無駄遣いしませんで、冬タイヤを買っただけ。
 ええ、そりゃかなり悩みましたよ。いかに無駄遣いしようかと。けれどいずれも出費が大きすぎるんですな。計画的な購入計画が必要で、冬ボごときでどうのっていうレベルではなく。

 RX100はS90の否定になっちゃうので、もっとがんばってS90をしつこく使おうと考えちゃいますし、DP3mは常にSD1mレンズキットとどっちが先々まともに使えるのかという課題を解決せにゃならず。
 いやSD1mに手を出すにしても私の財力では真剣に唸る必要がありますよ。EOS6DもRX1も同様。

 でも誕生日祝いに自分に買ってあげよっかなー的な動機を見つけ、DP3mをポチっちゃうかーと、もうネット購入の買い物かごには入れてあるんです。決済はしてませんが。そしたらなんだよ、これは。

Dp2q_01
Sigma_quattrodp2_0001

 はあ?クアトロセンサー?解像度30%増し?んで、このフォルムはなに?ハンドリング悪すぎんだろ。デザインの遊びでコンセプト機出展とかそういう方向かと思ったら、どうやらマジらしいですなー。

 このまんま発売されるなら今回のクアトロセンサーDPは私に不要。まともに構える自信すらありません。なにしろ縦位置男なので。わざわざ手ブレを増やすようなカタチのカメラに手を出す理由がないのです。

 予定通りDP3mをポチッとく?リジット搭載の単焦点レンズというだけでも価値があるような。

|
|

« 単に疲れ果てていただけです | トップページ | このへんかなぁ »

機材ネタ」カテゴリの記事

コメント

単純に、メリルではない形で、初代DPを最新技術でというような、
小さなDPにさえしてくれればよかった気がするのですが・・・。
どうしてこうなったかなぁ。

投稿: hk | 2014年2月11日 (火) 20:22

横長センサーという噂もあって、どうも興味を抱けませんです。
逆にDP2xを引っ張り出してきてバッテリー5個を充電してみました。

投稿: ビヨ | 2014年2月11日 (火) 21:45

黒い直方体に飛び出した鏡筒
という機種が増えすぎたため、独自性を出そうとしたのでしょうか。
ドイツ製の光学測定機器?眼科の道具?
そんな風情です。
表面処理は良い感じなので、グリップあたりをスコッと切り落としたい。

投稿: こんどう | 2014年2月11日 (火) 23:40

Moreover, among the biggest advantages of preparing cabbage dishes is that it is very simply accessible and cheap too.

投稿: Replica Louis Vuitton Handbags | 2014年2月14日 (金) 09:35

縦位置男としてはキビシー構成のカメラであるとしかw

投稿: ビヨ | 2014年2月15日 (土) 07:23

さっそく触ってきました。

まず、そうとう持ち手を選ぶグリップです。見た目に反して、浅く握らないと親指の置き場所に困ります。あと、エッジが立ってるので、変なところに角が食い込んでホールド感がよくありません。完全に「使い手がカメラに合わせて握れや」というタイプになってます。たぶん、使っているうちにポジションがわかってくるんでしょうね。

このように握り心地は微妙ですが、構えやすさに関しては、意外にも良好です。横長であることによる悪影響は全然ありません。縦位置も然り。一眼レフスタイルであればマズいのかもしれませんが、顔からカメラを離して使うコンデジの場合、気になりませんでした。

投稿: エンゾー | 2014年2月17日 (月) 12:33

どうせ接眼ファインダーがないのだから、ということですか。なるほどネー。ちょっと私は頭が硬いのかなw
ただ手ブレを生みそうな悪寒がして、そこが心配なのでした。

投稿: ビヨ | 2014年2月17日 (月) 18:37

In extension, take the features you would like to embody in your website. The next speed up is to pick out a website layout and planning how to line up

投稿: beijing massage | 2014年2月24日 (月) 00:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 単に疲れ果てていただけです | トップページ | このへんかなぁ »