« 納得いかない | トップページ | 冬を撮るとか »

降りますな

20140112_2

 一晩でこのくらいになる農村。いやワンボックスのクルマじゃありませんよ。私のクルマw

 今年は昨年同様に雪が多いのではないかと個人的に観測しておりましたが、全県的に雪が多かった昨年あたりとは違いまして、例年型といいますか、海沿いはたいして降らずに内陸豪雪地区にはそれなりに降ると。そんな雰囲気です。

 老母が暮らす農村は豪雪地帯の一端に位置し、降雪が多いことは多いのですが、いわゆる横手だの湯沢だの、県南豪雪地域ほどは積もらず。
 むしろ突然に訪れる異常な低温のほうが恐怖でして。なぜか大曲地区は一冬に必ず異常な低気温になる日があるんです。北海道でもそんな気温になってねーよっていう朝の-20℃とか。八幡平高原より気温が低くて。

Img_6599_2

 REVO-GZの続報。どうもこのタイヤは新雪に弱いですね。

 新雪というか、ようはまだ誰も踏み込んでいない手付かずの新雪とか、シャーベットが溜まって厚くなってるとことか、柔らかい雪の厚みがある路面を苦手としているようです。普段の安定感からは想像できないくらいダメな挙動になります。
 アイスバーンですとかブラックバーンでは無理にアクセルを踏んだりしない限りは滑りません。ちょいと強く踏むとすぐ滑りますが、そんなの他のタイヤでも同じですけん。まずまずといったところ。

 初期のブリザックブランドから変わらない不安定感はコーナーリング。ちょっとした挙動変化ですぐ横滑りしたがるのですね。これはブリザック伝統の弱点のように感じます。横方向への踏ん張り感はいまふたつ。
 その代わりブレーキはほぼいつでもそこそこ効くので安心感があります。直進安定性は先述した横方向への不安定感がありますのであまり速度は出せませんね。半シャーベットの高速道路でちょっと怖かったです。

 つまりカーブや交差点では十分に速度を落とし、雪の厚みのある場所へは決して立ち入らず、控え目の運転をしている限りは及第点のタイヤといえるんでないですかね。調子こいてスバルAWDの威力を示そうとするような運転には向いてませんw
 ちょっとゴツゴツとした乗り心地が気になるところですけど、空気圧の確認をまだしてませんし、製造年度の確認もしてませんので、完全なインプレというわけではないことに注意。

 かつてのヨコハマIG20と比較すると、高速道路での安定感はIG20。アイスバーンではGZのほうが若干上。新雪の未除雪路ではIG20の圧勝。
 は?DSX2ですか?あれの長所はいくら走っても磨り減らず、夏タイヤとして使ってもロードノイズ以外はたいして困らないとこじゃないですかね。雪道では話になりません。

 DSX2は1年目ではそんなに不満は出ないと思うんですよ。高速での直進安定性以外は。タイヤ表面にたくさん浅いグルービングがありますからね。最初はそこそこなんですわ。
 問題は2年目以降。浅いパターンが磨り減って消えてからは、もう雪道では暴れまくりで。雪国向きではないと私が判断する理由がこれです。

|
|

« 納得いかない | トップページ | 冬を撮るとか »

ローカル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 納得いかない | トップページ | 冬を撮るとか »