« スマフォ買い替えを考えてます | トップページ | もうすぐ本格的な冬 »

俺提督LV92

 コツコツと毎日少しずつ進めているうち、海域攻略が全然進んでいないわりに司令部レベルが92まで上がってしまい、おそらく司令部レベルに連動して相手も強くなるというシステムに泣いてます(^^;

20131208063757_2

 ああ例の「艦これ!」なのですけどもね。デフォルトで最大100隻までの艦艇を保有できるシステムでして、活躍が期待できる艦を積極的に育てて強い編成を構築するか、あるいは均等にみんな育てていくかで大きな岐路があるように思えます。
 俺提督ですか? ええ、もちろん均等に育てようとして司令部レベルのわりにショボいメンバーになってますwww

 おそらく活躍が期待できる、もしくは活躍してほしいお気に入りを重点的に育てるのが正解なのだろうと思ってます。いわゆるゲーム攻略という観点からするならそれで正解でしょう。
 けれど攻略だけで済まないところが艦これのおもしろいところでして。「強い」とか「使える」ということではなく「かわいい」「けなげだ」という観点からお気に入りが生まれるという、キャラクター感情移入という要素が、いわゆる美少女ゲーの一端を担ってるところですか。

 単純に艦艇を擬人化しているだけではなく、各艦娘がしゃべるんですよ。場面によってみなさんよくしゃべります。サラリーマン提督は職場でボイスをオフにしないと悲惨なことが始まる所以です。
 各艦の性格付けが基本的にありまして、それに則った上に史実に絡んだセリフもありましてね。先述した「けなげだ」という提督の感想には、史実が絡んだ性格付けももちろんあるわけで。

 そういった深い設定があるせいか、二次創作の世界も大変にぎわっておりまして、第一機動部隊のエース赤城さんもすっかり大食いキャラとして認知されている次第。
 大型空母で損害食らうと修理に資材を使う以外に、艦載機の被害でボーキサイトを食らいまくるもんですから。

3c5106f1_2

 自他共に認める大食いキャラが大和の食いっぷりに負けてるの図。我が司令部には大和クラスはいませんが、ものすげー燃料と弾薬を消費する存在らしく、赤城さんなんかメじゃねーって話ですな。
 実際には赤城よりも加賀のほうが大食いで、そのへんは巡洋戦艦から空母化した赤城さんと戦艦から空母化した加賀さんの差としてランニングコストへ反映させてあるのでしょうな。
 戦艦はオカネがかかるもんですからね。1922年にワシントン軍縮条約が結ばれた理由がそれですがな。

5d704160_2_3  

 けれど飯を食ってるキャラは赤城さんとすでに認知されてしまってまして。赤城さんには気の毒なことですw

071fa346

 加賀さんが主人公っぽいウルトラセブン風。よく見ますと赤城さんがてんこ盛りの飯を食ってますw

 こういった二次創作の世界が大きく広がるキャラの深さが面白味のひとつになっていることは間違いありません。そこへ史実という動かし難いものが重なり、ますますキャラが確定されていく世界。

26c0ab78_2

 これも史実を知っていれば理解できる話でして。

 加賀は当初八八艦隊の一翼を担う戦艦として起工されたにも関わらず、ワシントン条約で一定数以上の戦艦を廃棄することが決定され、未完成艦にも関わらず一度は廃艦と決定されました。
 そこへ関東大震災が起き、本来は空母へ改造することでワシントン条約から逃げたはずの巡洋戦艦「赤城」「天城」のうち、天城が船台から落下して大きく破損するという事故が起きるんです。
 天城の代艦として急遽加賀が指定され、戦艦出身の空母という基本設計の足の遅さはそこからきてるんですね。

 で、戦艦→空母という道を歩むことになる加賀ですが、みなさんがよく知ってる空母の姿の前に三段甲板空母時代がありまして。

Kaga_ikari_1930_b_2

 これは加賀も赤城も同じように三段甲板を施されてます。なんでこんなことをしたかというと、まだ航空母艦というフネの形が定まっていない時代で、試行錯誤だったんです。
 飛行甲板がたくさんあったら、着艦機と発進機が同時に運用できるんでね?という現代の傾斜甲板空母にも通ずる発想があったといいます。

 で、加賀さんだけはこの三段甲板空母時代に、とんでもねー設計をカマされてるんです。

Japanese_navy_aircraft_carrier_kaga

 飛行甲板の横に長く伸びるなにかがおわかりいただけるでしょうか。これ実は煙突なんですわ。本来なら艦の中央付近から出るはずだった煙突を、長く艦尾まで延長したんですな。

 飛行機というのは発進は誰でもできるのに着陸は熟練者でも難しいものです。ましてや洋上で揺れる小さな飛行甲板に着艦しようとするんですから、慣れた人間じゃなきゃ無理。
 そういったシビアな着艦時に、艦の排気という熱気が着艦する機に影響を与えてはいかんのではないか?という発想から、排気が邪魔にならないよう艦尾まで煙突を伸ばしたわけですよ。

 実際には発想と逆に排気が着艦の邪魔になり(熱気で変な上昇気流が出て着艦機に影響を与える)、煙突の横には兵員居住区があったもんですから水兵が暑くてバタバタと倒れる始末。加賀が「焼き鳥屋」と呼ばれた所以。
 これも空母の設計セオリーが固まっていない時代のことで、加賀はその後一段全通甲板の近代空母へ生まれ変わるわけです。

Japanese_navy_aircraft_carrier_ka_2

 といったような史実を知っていれば、加賀さんの熱源でコタツ、というネタが理解できたりするのですよね。
 史実とゲーム内の存在、そしてキャラ付けという三要素で、艦これというのはかなり広い価値観を有しているのですね。

|
|

« スマフォ買い替えを考えてます | トップページ | もうすぐ本格的な冬 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

なるほど、これが噂の艦コレですかぁ。
二次創作が盛んとは聞いてましたけど
そういう内容なんですねぇ。
正にビヨさんのストライクですね

投稿: ぴゅんぴゅん | 2013年12月 9日 (月) 08:06

美少女ゲーを好む層へのキャラクター配慮(スク水とかw)がちょっとウザく感じることはあるものの、なかなか上手な設定に感心します。
なるほど幅広い層から支持を得るだけのものはありますわ。

投稿: ビヨ | 2013年12月 9日 (月) 10:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スマフォ買い替えを考えてます | トップページ | もうすぐ本格的な冬 »