« 更新しますた | トップページ | 更新しますた »

SD1mに関する寝言

 曇天より好天がキツいメリルセンサー。SPPでコントラストを思い切って(かつ安心して)下げられるので、こんなもん使い物にならんというほどひどくはないところが救いなのですけれど、「きっついなぁ」と感じることは多く。

Sd1m_17_50_01

 とはいえ、曇天下でシットリとした雰囲気になるのは魅力なんですよね。シットリとした絵にするかどうかはユーザーの好み、もしくはSPP経由で調整する範囲内の話ですが。
 そこでSD1mを実際に使ってみようかという前提でいろいろ考えてみたりすることはあります。万能ではないにせよ、他社センサーとは違う絵になるのは事実ですんで。

 軽くイメージしてみますと、60Dと重さはあまり変わりませんね。ちょっとした差なのでおそらく気にならない範囲かと。大きさもたいして違いはないようです。
 想像の範囲内で懸念しているのはAFの正確さなのですが、こればっかりは完全にハードウェアの世界なので、おそらくキヤノン機に劣るのではないかと想像してます。問題はどの程度劣るのかということでして。
 単に迷ってなかなかピントが合わないなら、まだカバーする方法はあると思うんです。合わせましたと表示しておきながら常にピントが合ってない状態が一番怖く。

 視力がどんどん落ちて、最近じゃMFの自信がまったくありません。AFに頼るか、もしくはヤマ勘で距離をレンズに置いて絞りでカバーするRF機的な撮り方になっちゃいます。
 ですんでAFの具合がすごく気になるわけなんですが、SD1mにはもうひとつ懸念。背面の液晶が46万画素仕様という旧DPと変わらないものを積んでるんです。これじゃ撮影後の絵を見てもピンと来ませんわな。DPmの92万画素で、やっとモニターできる感じなんですけど。

Sd1_400

 そのへんの細かいとこは、DPmよりもビシビシAFが働く、ということにでもしておきましょうか。視度補正さえ内蔵してくれてればとりあえず調整範囲内の視力ですから。スクリーンでピントは確認せえと。
 あとバッテリーは大きめのものを採用しているせいか200~280カットは撮れるようですね。そのくらいなら私の撮るペースでは及第点。予備バッテリーは不要かと思います。

17_50os_1

 レンズキットならとりあえずこれでしょうね。17-50mm。18-200mmのキットもあるようですが、エグいメリルセンサーを使うならシャープなレンズを使いたいものです。
 おそらくリニューアルが新シリーズで計画されているようで、この17-50mmは実販価格が落ちまくり。かつては5万以上していたものが今では3万代まで落ちてます。この価格ならタムロンじゃなくこっちを選んでいたかもしれませんw

 で、この17-50mmは、開放でのいかにも大口径な淡さと、シグマさんのレンズにありがちな色ノリの薄さもあって、シャープながら淡白なイメージがあります。メリルセンサーには合っているような気がしますよ。ガリガリのレンズより。
 タムロンのは線が若干太いけれどコントラストと色ノリはしますのでね、手ブレ補正の強烈さもあって夜店撮影が得意な感じで。
 SD1mで同じことをやったら、カメラ側がISO800くらいが限界のセンサーで、かつ手ブレ補正はタムロンに劣るであろうことが推測でき、今までのような気楽な撮り方はできんでしょうな。真面目に撮らなきゃならなくなるでしょうw

 かなりいいレンズを積んでるDPmシリーズと比較して、絞りによっては柔らかい描写を期待できるのでエグさを抑える苦労がないのではないかとか、ズームレンズを使えばワンパターンな撮り方から脱却できるんではなかろうかとか、未知の機材には期待したくなりますよねえ。

 ネット上で拝見するエグいSD1mの絵がたいていアートラインの35mmというのが気になるところですけれど。
 リジットレンズであるDPmシリーズのピシッとした絵をイメージしちゃうと、もしかして期待を裏切られるのかもしれないと危惧はしてます。むしろDP3mに走ったほうが幸せになれるのかな?

|
|

« 更新しますた | トップページ | 更新しますた »

機材ネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 更新しますた | トップページ | 更新しますた »