« 勝手にイメージしてみる | トップページ | フルサイズ標準ズームの本命なのか? »

disります

 ダンロップのDSX-2についての検索が多いようですけど。雪国ユーザーさんにはオススメしません。日常的に雪道を通勤などで走破する必要があるなら、やめといたほうがいいと私は思います。

 装着した最初の年は「値段なりにまあまあかな」と感じるかもしれませんが、やがて春を迎えてアスファルトで削られると、とたんに性能がガタ落ち。
 そうなって当然のトレッドパターンですんでね。買う前によく観察しとけば良かったと後悔するほど。

Dscn0181_2

 とはいえ表面だけに細かくパターンを刻むのは昨今のトレンドのようで、わりと見かけますね。表面だけだと削られて翌年には消えてますんで、新品の時のような感じではなくなるのは当たり前。これならヨコハマのほうがまだマシだったなぁと。

 もう怖くて3シーズン目に挑む気力がありませんので、夏場もそのまま履いてます。経験した中では長く使えない冬タイヤの筆頭デス。
 ダンロップを選ぶなら、新しい設計のにしたほうがいいですよ。DSX-2はオススメしたくないです。最初の年でも高速道路における直進安定性には不安を抱きましたし。
 個人的にはヨコハマの古いモデルのほうがまだマシのように感じます。YG20は2シーズン目から怪しくなったものの、5シーズンで限界が来ましたからね。

 ちなみに私はスバルAWD車オーナーの雪国住みでして、それでこういう感想を抱いております。
 お住まいの地域が変わったり、あるいはお乗りのクルマの違いで感想は変わるかもしれません。あくまで個人の感想デス。

|
|

« 勝手にイメージしてみる | トップページ | フルサイズ標準ズームの本命なのか? »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 勝手にイメージしてみる | トップページ | フルサイズ標準ズームの本命なのか? »