« 雁の里ふれあいの森 その1 | トップページ | 雁の里ふれあいの森 その3 »

雁の里ふれあいの森 その2

 温泉やデイサービスなどの複合施設と、野球場やグラウンドゴルフコースがある一画に、こじんまりと置かれた野営地である雁の里。
 文章で書くと、いかにも施設の「ついで」に設定されたキャンプ場という感じになっちゃいますが、そのわりに利用してみると雰囲気はそんなに悪くなく、お手軽にキャンプ気分が味わえるんじゃないですかね。ファミリーキャンプなんかにはよろしいかと。

Sdim1071_2

Sdim1073_2

 これオートキャンプ区画です。利用料はわずか\1,000。AC電源利用でプラス\500。簡易的なオート区画とはいえ、サイトとして一定のスペースを占有できますし、クルマを置けますんで荷物の積み下ろしにも楽ですよね。

Sdim1094_2

 こういった感じになります。オート区画は6区画。逆L字型のテントスペースが5区画とL字型区画が1区画です。アメドーの構造からL字型区画を選びたかったんですが、残念ながら先に利用されてました(^^;

 フリーサイト利用料は\500とリーズナブル。どこでも気に入った場所を使って良く、駐車場に近い場所でも、奥まった静かな場所でも自由。
 オート区画があるおかげで奥までクルマを入れられますから、荷物を下ろすためだけに奥までクルマで入るのも可。柔軟に対応できますね。

Img_6146_1

 遠くからJR奥羽線を走る列車の音が聞こえ、夜中に走る太い排気管のバイクの音が聞こえたりしますが、それ以外は静かな環境といえるのではないでしょうか。日中と夜の雰囲気が全然違うところはおもしろいです。

 目の前に利用料\400の温泉があり、風呂を利用しなくても建屋内の自販機は利用可。よくあるカルシウム塩泉ではあるものの、硫酸系成分が入ってますんで身体はほど良く温まります。ただし露天風呂はなし。
 国道13号から5分ほどの距離で、小さな野営地ながら夜の雰囲気は悪くなく。オート区画もフリーサイトもあってリーズナブル。気軽に利用できる野営地ですね。

Img_6149_2

 ユニフレームの焼き網についてくる円形のメッシュバーナーパッドがストームクッカーSにピッタリの大きさで、これを利用して鮭のホイル焼きwww

|
|

« 雁の里ふれあいの森 その1 | トップページ | 雁の里ふれあいの森 その3 »

アウトドア2013」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雁の里ふれあいの森 その1 | トップページ | 雁の里ふれあいの森 その3 »