« 検索にお答えする 2 | トップページ | 検索にお答えする 4 »

検索にお答えする 3

 続いてソロテントの話。

 私が今でも買ってよかったなぁと思っているのは、マウンテンハードウェアのハマーヘッド2。

Img_1022_2_2

 山岳2名用の舶来ブランドテントであり、自分の予算よりもかなり高かったのですが、熟慮した結果「これしかない」と踏んで調達したものでした。

 国内ブランド山岳用テントはハードユースを想定したミニマムなものが多く、山の気温を前提にしてますんで換気は最低限だったりします。里山のんびり野営であまり使いたくならない感じです。
 けれど山岳用テントの美徳は設営が短時間でできる機動性だったりもします。このハマーヘッド2も設営は楽で、のんびりやってても10分で設営できちゃいます。
 換気に関してはこれでもかと開閉可能なメッシュ部分がたくさんあって、そのおかげで山岳用テントとは思えない通気性があります。ただ開閉メッシュをたくさん備えたために重量的には3.8kgと重い部類に入っちゃいますが。

Hummmer_2_4_2

 決め手はこの余裕ある床寸法。背が高い人間としては249cmという最大床寸法が助かるんです。2人用なので前室が2つ。いくら散らかしても問題なしw
 テントそのものの背は低いんですけれど、天井からLEDランタンを吊るした時などは低いほうが明るくて助かりますしね。

R4231kdxr_3

 真夏から真冬(無雪期)まで通年で使ってみた結果、真夏の低地(日中気温37℃)だとさすがに寝苦しいものがありますが、なんとか寝られないこともなく。
 真冬の吹雪の中であっても、羽毛シュラフと組み合わせれば普通に過ごせました。外気温と比較してプラス7℃くらいでテント内の気温は推移してましたねえ。

 ミニマムなテントというところではシエラのライトイヤー1にも手を出してみましたが。

Img_3267_2

 これも床最大長が287cmと長く、背が高い人間の興味を大変にそそったのでしたが、ペグダウンしなけりゃ自立しないタイプというのは、思いのほか面倒なものでして。きれいに張るの難しいしー。
 なんとかなるだろうと思っていた前室も実際にはかなり狭いもので、雨天停滞の煮炊きはナーバスなものになりそうな感じです(まだ雨天で使ったことはありません)。ガス燃火器以外は危なくて使えないでしょうね。

Img_3579_2

 ただし収納寸法と軽さは特筆モノ。とにかく小さく軽く持ち運べます。インナーがフルメッシュなので夏の涼しさは格別。しかもお値段が財布に優しいというメリットもw
 自立できない構造がネックながら、煮炊きはお湯を沸かすくらいしかしない派で、かつガス燃器具かアルコール系しか使わないのならば、軽量装備として存在価値があるかもしれません。

 雨が多い国土で、日数に余裕のない野営になりがちな我が国の事情からすると、雨天停滞を意識しないわけにはいかず、常用ソロテントとしてはいわゆるワンウォール形式のものはオススメしたくないですね。

Img_3063_2_2

 こういったシェルターと呼ばれる幕体の中で過ごすのは野趣深くて楽しいものはあるんですが、フライとインナーの二重幕に意味はあるわけで、1枚幕は夜間の内部結露がものすごいんです。シュラフが濡れる勢いで。

R4590ebx

 床がないタイプのシェルターならテントの前室で過ごしているようなものですから、煮炊きもバンバンやっちゃったりして、それなりに楽しいんですよ。シェルターは軽く小さく持ち歩けますから荷物にならないし。
 でも翌朝の内部結露を考えますと、使う場面が難しいというのはあります。換気に注力したシェルターは世に少なく(シェルターはたいてい非常用という扱いなので)、寒い季節は当たり前に結露しやすいですし、暑い時期だと今度は暑くて過ごせなくなる可能性も。

 あ。テントの素材についても書いておきましょうか。

 よく「耐水圧3000mm」とか表記がありますよね。あれってそのままテントのコストにはねかえってることが多いので、耐水圧が高ければ高いほどいいというわけではないっすよ。重くなりますし。
 それより長く繰り返し使う前提で、例えばフライはポリエステルを選んでおけば紫外線劣化に強いとか、ポールはFRPより金属のほうが耐久性は高くて重量も軽かったりするとか。

 ツーリング用途ですと、予定外の場所で野営しなきゃならないこともあるでしょうから、テント幕体保護のためにグランドシートがあってもいいかもしれませんね。小石が飛び出してるような場所を選ばざるを得ない時も来るかもなので。
 私のような里山のんびり派は、グランドシートがあってもなくてもあまり影響はないように感じていますが。もったいなくて長くテントを使いたいなら用意してもいいかもです。


|
|

« 検索にお答えする 2 | トップページ | 検索にお答えする 4 »

アウトドア2013」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 検索にお答えする 2 | トップページ | 検索にお答えする 4 »