« 検索にお答えする 5 | トップページ | X7初遭遇 »

検索にお答えする 6

 やたら「カネ借りろ」のメールがカード会社から届く昨今。用事もねえのに借りませんよ。借りるなら手続きが面倒でも銀行から借りたほうが低金利でいいんでねえの?

 さて、検索にお答えする第6弾w

Img_3838_2

 私が使ってるストームクッカーはSサイズの黒。黒いミニケトルがセットになっているんですね。黒ケトルはバラ売りしてません。ええ、それでフラリとポチっちゃいまして(^^ゞ

Eaf45fa4e2d811e1a4431231381407ca_6

 調達を検討されている方はご存知の通り、火器はトランギア伝統のアルコールストーヴ。シンプルでタフなことこの上なく、物理的に壊れる前に内部へ煤が詰まって使えなくなるという噂です。
 使用するアルコール燃料はドラッグストアや(店頭在庫があるなら)薬局でも入手可能なお手軽なもの。最近はかなりの田舎にもチェーン店系ドラッグストアがありますんで、燃料調達の心配はまずありません。

 ただ燃料のブランドによって価格が大きく違ったりはします。おそらく成分によるものとは思いますが、詳しくは調べようと思ってません。すいませんw

 アルコール系の弱点は火力に乏しいのが欠点。弱々しい炎なので風に弱く、ストーヴ単独で使うと風除けは必須となります。また炎の色が薄く、日中は火がついてるかよくわからないという危険性も。

Img_3326_1

 火力調節が面倒だというのも欠点かもしれません。トランギアのものはストーヴ開口部に被せる調節蓋をどのくらい開くかで火力調節します。
 上の画像で右側に置いてあるのが調節蓋。茶色い部分がスライドできるようになってまして、これで火力調節します。

Img_3335_2

 タフでコンパクトながら火力に乏しいアルコールストーヴ。これをストームクッカーに仕込むといきなり火力が強くなるという仕掛けなのです。
 「煙突効果」とか「チムニー効果」と呼ばれるみたいですが、ようはアルコールストーヴの熱によって上昇気流が生まれ、下からどんどん新鮮な空気を取り込んで熱を上に吹き上げる仕掛けですね。そして風防ができるわけなので横風に強くなります。

 ストームクッカーですと、最新のガス燃・液体燃料系の大火力にはかなわないものの、煮物系に使うなら昔の1,800kcalクラスに近い火力が得られるように感じます。フライパンは火元から離れるせいか心細い火力になっちゃいますけどネ。
 また、元々火力が弱いという点を逆手に取ると、アウトドア火器ではガス燃系以外で得ることが難しいトロ火を使えるメリットにもなったりします。

Img_3284_2

 トランギアのビリーコッヘルもピタリとストームクッカーSへセットできたりしちゃいます。このコッヘルは長く売られていたソロ用セットのメスキットのもの。20年選手です。ソロ用にピッタリのコッヘル。1リットル容量だったかな?

Messkit_2

 とっくに廃番になってるメスキットですが、どこかで売れ残りを見かけたらのなら、ソロキャンパーにはオススメなのでミズテンでご購入をオススメします。っていうか私も見かけたらすぐ買います。フライパンをダメにしちゃったので(^^ゞ

Img_5145_2

 トロ火だからと調子こいて長時間使ってますと、なんぼなんでも燃料がなくなってきますよね。
 じゃあ燃料を足しましょう、という際にはご注意を。足そうとしたアルコールへ引火してどんと焼きになる可能性があります。ストーヴが冷えてから燃料を足すのが作法。
 それが面倒だからといってアルコールストーヴを2台用意する方もいらっしゃいますね。\2,000くらいのストーヴだし小さくて荷物にならないから、2台装備というのも無理はないと感じます。

 使用中の火力調節は熱くなってる火力蓋を操作するし、炎の中に手を突っ込んでるに等しいものがありますので、防火耐熱用に皮の手袋があるといいですな。これも野営っぽくてよろしいじゃありませんか。
 ただ湯を沸かすだけだから常に全開で火力調節の必要がないのなら、なにもストームクッカーを選ぶ理由はなく、むしろジェットボイルのほうが幸せになれますよ。

31p9mhxbfwl

 それならアルコールじゃなくてガス燃を使えばトロ火もイケるしいいんでねえの? という疑問は誰しも頭に浮かぶらしく、ストームクッカーへ組み込めるガスストーヴユニットがあるんですわ。
 トランギア純正品ながらも、日本のガス検法を通せなくて個人輸入扱いになってたシロモノ。今はアマゾンでも買えるらしいですから。入手は難しくありません。
 英国EPIでも作っていたといいますし、中国ではまがいものが製造されていて格安、ただし買ってから手を加えないときっちりハマらないらしいです。

Dscn0483_2

 一方、市販のスパイダータイプのガス燃ストーヴを勝手に組み込んでみるというのも手ですね。
 プリムスのやつを仕込んでみました。ゴトクはLサイズの風防だと全開にできるらしいですが、私のはSなので完全に開きません。
 また、メーカー非推奨の使い方ですんで、輻射熱などでガスホースが熔けても自己責任の世界なのです。

 次回の野営ではこのプリムスをストームクッカーへ仕込んで使ってみる予定。吉と出るか凶と出るか。

|
|

« 検索にお答えする 5 | トップページ | X7初遭遇 »

アウトドア2013」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 検索にお答えする 5 | トップページ | X7初遭遇 »