« 検索にお答えする 3 | トップページ | 検索にお答えする 5 »

検索にお答えする 4

 今回はワンポールテントについて。

 ワンポールってくらいなので、ポール1本あれば設営できちゃうタイプのトンガリテントのことですね。

Shan3
Shangrira4_1

 GOLITEのシャングリラを例にしますが。上が六角形の床になるシャングリラ3、下が正方形の床になるシャングリラ4。いや床ったって、ご覧いただければおわかりになる通り、基本的に床はありません。ワンウォール一枚幕のシェルターと同じですわ。

 したがいまして前回のシェルターで述べた通りに、一枚幕は換気が命。インディアンが使っていたティピーと呼ばれる簡易住居に似たスタイルながら、たぶんティピーのほうが換気はいいんじゃないですかね。なんとなくそう感じます。
 ティピーに似ているからか、女性ウケはよろしいようですよ。自分でソロ野営しちゃうようなタイプではなく、ちょっとキャンプに興味があるミーハー系にw

 ところが床がないシェルター形式なものですから、女性が苦手とする昆虫やら蛇やらの侵入がないとはいえず、そのへんを不安がられたりしますね。

1714_1

1714_5

 これはロゴスブランドの格安ワンポールですが、中に「ネスト」と呼ばれるメッシュインナーと床を装備してます。
 こういうのはたいていオプションで用意されてまして(ロゴスの場合はセットになって\13,000弱ってんですからお買い得すぎます)、ワンウォールではなくツーウォールにできちゃうんですけれど。

 なにしろテントの真ん中にポールが立ってますんでね。だからワンポールテントと呼ばれるわけで。ポールがひどく邪魔になるんです。
 センターにポールがある場合、中で寝ようとすると、一番おいしい真ん中を使えない構造であり、せっかくの容積をフルに使えないという欠点がありますな。しかも前室を備えてませんので、ネストを使用している際の雨天停滞煮炊きは、室内でやるしかありませんね。

 換気も一般的なテントと比べて心もとなく、ネストを使うよりもむしろワンウォールとして使い、寝る時はコットを持ち込んで寝るくらいの贅沢さを見越して大きなサイズを買うくらいの度量がなきゃ、ちょっと楽しく使えないと思いますよ。
 大きなワンポールテントに小さなテントのインナーだけ持ち込んで寝てる人がいましたが、それも賢い使い方だと思います。換気が心もとないワンウォールってのは、使いにくいもんですぜ。

 いわゆる「フェス」方面ではこのカタチがウケてるようで、それなりに市場を形成しているようではありますが、一般的な野営には向いておらず、むしろストイック系の野営に適してるんじゃないかと思いますよ。
 テントの床がないってのは、それなりに耐性と体験のある人じゃなきゃきついんじゃないかなぁ。結露対策ができていて、虫対策もそれなりに用意できてないと。

 ペグダウンできる環境であることがワンポールテントでは必須。つまり自立はしません。したがいましてツーリング系の旅にはオススメできません。雰囲気と見た目重視のシロモノであると、ここはバッサリ斬っておきたいと思います。
 いや、私も調達を検討したことはあります。でも、かなり換気能力に優れたナイトヘヴンを使ってワンウォールの長所短所を知ったつもりでして、正直オススメしたくないんですよね。よほどの物好きならともかくとして。

|
|

« 検索にお答えする 3 | トップページ | 検索にお答えする 5 »

アウトドア2013」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 検索にお答えする 3 | トップページ | 検索にお答えする 5 »