« GXR その3 | トップページ | 更新しますた »

くるみ台 2013 その2

 三崎公園の時、すでに手元のガスストーヴに火力不足を感じていたのですね。自分で書いたものを読み返して思い出しましたw

Sf_b3_2

 こやつは安価なわりにタフですし、小さくなるので登山にも使えるんでないかというくらいですが、あたしゃ登山しませんので、ミニマム装備にこだわらなくなった今となっては、小さくなることに大きなメリットがなくなってんですね。そんなわけで火力とか使いやすさを考えてみようか、といったところなのでした。

 で、くるみ台の続き。

 このところ使うことが多い、メーカーがよくわからないホムセンテント。

Img_5163_2

 考えなしにテントの中へ道具を放り込み、ろくに整理もせずに酔っ払って大の字になって寝られる気軽さで、今年は常用しております。
 20年選手のテントは、ファイバーのポールを繋ぐゴムがビロビロに伸びてしまい、フライのシームテープもすべて剥がれてるという悲惨な状態なんですけども、豪雨下で使うことはありませんのでなんとかなってますw

 いや、なんとかしたいとは思ってますけど。

Img_5297_2

 一方、火器は今回サウスフィールドの安いコンパクトガスストーヴのみ。安いといってもスノピの某モデルとほとんど同じ仕様でして、火力以外は普段使いに遜色なし。
 コッヘルはストームクッカーのボールとケトルを使いました。アルコール焚きは火力調節がナーバスなところと、たまたまアルコール燃料の手持ちが少なく、万が一の予備にしておきたかったので使わなかったんです。

 とりあえず天候はなんとか凌げると読んだものの、しょせん経験から来る読みでしかなく、梅雨時期後半の豪雨は突然の変化球もありますんで。
 くるみ台への心細いアプローチルートが土砂崩れで不通になる可能性はゼロではなかったので、現地で粘らなければいけなくなることも少しは考えてのことでした。いざとなったら県境を越えて青森県側に逃げようかとかw

Img_5292_2

 ああ、B-6君で焼き鳥なんぞしました。その後に牛タンを焼こうとしましたが、どうもうまくいかず、得意の焼き網にスイッチ。

Img_5294_2

 この焼き網は実に重宝しまして。そのへんの店ではなかなか見かけませんので、見つけたらすぐ買うことにしてます。
 金属メッシュで炎を散らして平均化し、メッシュに蓄熱させる感じでその上の網を焼くんですね。ストーヴの火口の形に関わらず焼き物ができる優れものと思ってます。

 照明をLED化傾向としてましたけれど、今年は安いガスランタンを調達して虫寄せに使っています。

Img_5284_2

 これもサウスフィールドブランドの安いやつ。コールマンのツーマントルを持ち歩くよりもは気が楽でして、カセットガス充填の古い500ボンベで一晩楽勝です。

|
|

« GXR その3 | トップページ | 更新しますた »

アウトドア2013」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« GXR その3 | トップページ | 更新しますた »