« 真逆ではある | トップページ | 三崎公園 その2 »

三崎公園

 久しぶりに野営へ行ってきますた。

Img_5130_3

 旧金浦町にある飛の崩へ程近い、旧象潟町の三崎公園へ行ってきました。ここは山形県境に位置し、岩場が日本海へ飛び出した位置にあります。

20130615165108

 古くから険しい岩場を抜ける街道があり、松尾芭蕉もここを通って象潟へ行ったとか。
 公園の入り口は国道7号線のモロ県境でして、秋田市からは遠いと見せかけて、実は日本海沿岸道が金浦まで伸びましたので、うまく高速に乗れれば1時間圏内と考えてもいい感じです。

Img_5163_1

 現場はこんな感じで海に面しており、天気に恵まれれば夕焼けを楽しんだりできそう。ただし今の時期でさえ海に落ちる夕日はギリギリ見えるかどうかといった感じで、夏至を過ぎたらおそらく丘に阻まれて落日は見れませんね。残念ですが。

 その代わり、この公園は桜やタラノメなどに恵まれており、春先はかなり人気になるらしいです。花見キャンプや天ぷらディナー野営が可能なのですね。
 また付近は海産物、特に夏牡蠣の名産地ですんで、炭火を用意してじっくり焼くのもアリかもしれません。

Img_5161_2

 それほど広いわけでもないスペースですが平坦であり、先着順にポジションを決めるパターンですね。
 広場の奥には小さな炊事棟があって、屋根と水道と洗い場のほか、炭で焼き物ができるコンクリート製グリルが6つありました。

 難点はトイレの遠さ。公称100mのようですけど200mくらいはありますね。舗装された広い駐車場を横切るだけですんで足元の心配はありません。簡易水洗です。
 ここは管理人さんがいるのでトイレなどきちんと整備されているのですよ。利用料は大人一人300円。リーズナブルですな。基本的に公有地一時占有のための届出が必要となりますが、公園の売店で書類に書き込んで簡単に終了。

Img_5160_1

 今回は古い安物テントを持ち出しました。たまには背が高くて広いテントを使いたいなぁと思いましてね。
 もう20年くらい前のシロモノですんでシームテープは剥がれて凄まじいボロ具合でしたけど、夜を過ごすにはまったく問題ありませんでした。
 いくらかは通気性に配慮した構造にもなっていて、雪国なのに全国ニュースで暑さが話題になる当地の夜でも普通に寝られましたよ。

 ただ空が明るくなるのが早い今の時期は、日の出と共にテント内の昇温が始まります。早朝から暑い感じではありました。風がないと辛いですネ。

|
|

« 真逆ではある | トップページ | 三崎公園 その2 »

アウトドア2013」カテゴリの記事

コメント

A best rated Gaggia brand name usually means your current espresso maker isn't only intended to you need to, it is designed to past. Gaggia is actually sold on deliver gourmet coffee designers that happen to be on componen louis vuitton shoes together with.

投稿: louis vuitton shoes | 2013年6月25日 (火) 19:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 真逆ではある | トップページ | 三崎公園 その2 »