« EOS6はやっぱりいいねえ | トップページ | ちょっと寂しい »

気忙しくて

 異動もなにもない身なのですが、いろいろと気忙しい日々でして、更新まで頭が回りません。
 日曜出勤で「金属質のものをガッツリ撮ってやろう」と職場に持ち込んだDP1mを本日職場のロッカーから発見して回収してくるなど、基本的に趣味の域まで頭が回ってない様子。

 切り替え時期で職場もドタバタしてまして、夜勤でロクに仮眠をとれない状況でもあり、きっとボンヤリしてんですね。
 昨日から大館市でジャジャシコ祭りというものをやってまして、ちょっと興味があったんですが、すっかり失念しておりましたー(´-ω-`)

 初見参の祭りでもなんとかなるようにとタムロンのB008を導入したのにねえ・・・。こんなこっちゃカメラが泣くというもんですわ。

 ああ前回触れたWi-Fi内蔵カメラというものについて。カメラ側からは家庭の無線LANですとかスマフォのWi-Fiを認識させる作業ですね。これがあります。
 で、無線LANをひとつの基地局として、カメラと無線LANへ接続しているPCやスマフォを結ぶわけです。
 もうひとつ、カメラからスマフォへダイレクトにWi-Fiで結ぶモードもありまして、なにやら横文字のなんとかモードというやつですが、この際にカメラ側から転送する画像のサイズを選択できまして、小さなサイズで送ってやると早い早い。

Img_4913_2

 IXY1というキヤノンのカメラ。こんだけ多機能でこんなに小さいの?と驚く大きさながら、シワ寄せはバッテリーにきてるパターン。
 いろいろ遊べておもしろそうなカメラですし、動きもキビキビしてますが、バッテリー持続時間の物足りなさと、タッチパネル操作で得手不得手が如実に現れるカメラでして。

 あたしゃスマフォでさえ操作に泣いてるオッサンなので、同じキヤノンWi-Fi機でも操作ボタンを装備してる機種のほうを希望。

 スマフォの場合はキヤノンの専用アプリを導入することでカメラとダイレクト接続できますが、しょせんフルオートのカメラの撮る絵なので、加工したくなる場合も出てくるでしょうから、ある程度は画像加工アプリを用意しておきたいところ。
 また、PCと接続する際、Win7以前のOSですと公式には対応しないことになってまして、知人宅のVista SP2へ導入する際にはちょっと苦労しました。ググればすぐ最適なアンサーに辿り着けるところが救い。

|
|

« EOS6はやっぱりいいねえ | トップページ | ちょっと寂しい »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« EOS6はやっぱりいいねえ | トップページ | ちょっと寂しい »