« おっとっと | トップページ | ちょろすな更新しました »

ちょろすな更新しました

 季節へ追いつくべく、ちょろすな更新しました。紙風船の前編後編。

 「西木の紙風船上げ」と表記してますが、現在では「上桧木内の紙風船上げ」と呼ばれています。昔は西木村の冬行事として通っていたのですけれど、平成の大合併とやらで西木村は角館町・田沢湖町と合併し、現在は仙北市になっています。
 仙北市は観光地を分散的に抱えている事情があり、それで集落というか地区の名前で上桧木内という地名を冠するようになったのではないかと思いますよ。
 市町村が大きくなってしまったおかげで地区名が行事に復活するなんて、そういう効果があったのかと驚きです。

 交通の便があまりよろしくない地区である上に、雪深い地区でもありますため、冬場はなおさら道路事情が悪化するわけで、しかも山の中なので寒く。それでもたくさんのお客さんが来ているのは意外でしたねえ。

R6959_1750_60dr

|
|

« おっとっと | トップページ | ちょろすな更新しました »

ローカル」カテゴリの記事

コメント

ちょろすな、みました。
メリルの写りは良いですねぇ。

わたくしは昨年の春に、
快晴の日にDP2で撮影した
桜の写りが鮮烈で、開花を
心待ちにしていますが
メリルセンサーだとさぞかし
きれいに写るんでしょうねぇ。

投稿: hk | 2013年3月 1日 (金) 22:12

等倍で感動した写りが、縮小しちゃうとなかなか再現できないジレンマがありましてね。
私のような公開方法をしているとメリルセンサーの説得力に欠けます(^^ゞ

ただ「スキャンした後のリバーサルみたいだ」という感覚は、前のセンサーと共通したところであります。

投稿: ビヨ | 2013年3月 3日 (日) 19:31

 私にとってはメリルのセンサーは
表現が難しいです。いまのところ
「言葉で形容しがたい、良質な
画質を凝縮したカメラ」という
ところでしょうか。
DP2をはじめて自分で使ったときのような、
あるいは、はじめてフェビオンの写真をみた
ときのような鮮烈な印象はないのですが
(パンフレットをみたとき、自分自身に疑問
を持つくらい作例に惹かれませんでした)
写真に色の豊かさを感じます。
 いつかは、買ってしまうかなぁ・・・。

投稿: hk | 2013年3月 3日 (日) 23:49

私の感覚では、一番リバーサル描写に近い絵が得られるような気がするのですよ。メリルは。
DP3mを使いたくてウズウズしてるくらいでして。

投稿: ビヨ | 2013年3月 5日 (火) 13:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« おっとっと | トップページ | ちょろすな更新しました »