« てんてん | トップページ | 撮り鉄失敗w »

ふと思い出す

 PCのスペックが追いつかなくてメリルセンサーを諦めるユーザーさんもいらっしゃるとか聞くと、なんとももったいないことだなぁと思ったりしますが、我が家の環境とて決して最先端というものではなく。
 6コアとはいえ古い規格ですし、メモリも8GB。このくらいで多少我慢してる感じですので、メーカー製普及機クラスでメモリ増設無しとなればストレス満点でしょうなぁ。同情します。

 AM3なんていう旧規格CPUをしつこく使おうとしている私としては、市場から消え去る前にAM3+のマザーボードを調達しておくべきでしょうね。

 話は変わりまして。

Img_2391_2

 あの震災から2年が過ぎ、あの日を振り返ったりなんざしますと、直接の被災地ではなかった当地でもそれなりにパニックやらなんやらは地味にありました。
 食料品や水の買い占めとか燃料調達不能とか。ありましたっけ。タバコは洋モクしか流通しなくなってたり、喫煙族にも影響はあったのですよ。

 で、アウトドア趣味のキャンパーは震災時に強い、というような話はよく耳にするものでして、そうなのかな?と自分を振り返りますと、あの日に一番役に立ったのは羽毛の冬用シュラフでしてね。

Img_4206_2

 建屋の倒壊などはほぼ皆無で停電だけが困りもの、という程度の当地であっても、まだ冬である時期に電気がないとなれば、一般的に家庭で使われている灯油ファンヒーターが使えません。
 3月でも最低気温が氷点下というのは当たり前の当地で、暖房器具が使えないというのは致命的な障害でして。

 電気がなくても使える反射式ストーヴは、震災までは淘汰される傾向にありました。室内が暖まる速度はファンヒーターよりも負けてますし、アパートなどでは反射式ストーヴが火災の原因になるという理由で使用が禁止されていることがほとんど。
 震災を機に反射式ストーブの良さが見直されたところはあるのですが、それとて喉元過ぎればなんとやらで、また淘汰されていくことになるのだと思います。

9999990002761_1

 この手のカセットガス仕様のガスストーヴのほうが場所を取らずに非常用に適しているという考え方もございましょうけど。
 一般的な都市ガス用ガスストーヴとは違ってカセットガス系は(単価として)燃費があまりよろしくありません。仮に停電下で3日粘ろうとするなら、機種にもよりますが、おそらく8本から10本はカセットガスを消費するのではないかと思われます。

 アウトドア系の暖房器具は基本的に屋外使用か、さもなくば狭いテント内で使うので、換気が必要なものだったり火力が小さかったりしますので、そのへんはよくお考えの上で調達していただきたく。

 で、話をシュラフへ戻しますと。日付が変わる頃に帰宅したとて停電ですんで、照明はないし暖房は不可。
 いちおー非常用の小型反射式ストーヴは在庫していても、引っ張り出してくる手間より寝たい欲求が勝ってました。
 とりあえずLED小型ランタンを点灯させ、暖かく寝るにはどうしたものかと考えれば、一桁前半の室温に対応できるのは羽毛の冬用シュラフしかなかったのですね。

 いわゆる「寝袋」ってやつは、冬用の羽毛仕様は簡単に買えるほど安いものじゃないんですよ。中から毛が飛び出してくる安物仕様でも2万円近かったりしますしね。とても普通の家庭で装備できるようなものではありません。
 たまたま安売り処分で買った私とて2万以上出してますからなぁ。定価で買ったら3万以上します。それでも入門クラスというか、本格的なものではなかったわけでして。

 なにが言いたいのかというと、「非常時に備える」というのはオカネがかかるものだろうな、ということですね。

|
|

« てんてん | トップページ | 撮り鉄失敗w »

アウトドア2013」カテゴリの記事

コメント

あの時はホント、キャンプ道具持ってて助かった~
スベア123Rはウチでも会社でも大活躍。
今時のと比べると火力は弱いけどトロ火が使えたので
ご飯が上手く炊けました。
ガスストーブもありましたがガス缶は勿体無くて使えなかったぁ。
あと、アラジンストーブに感謝www

投稿: ガキ | 2013年3月13日 (水) 19:44

宮城県ではガスの復旧が遅かったといいますからなぁ。
こっちは寒さを凌いで食料さえ確保できてればなんとかなる程度でしたので。
各家庭にたいてい灯油は常備されているので、そっち方面の活用で武井があればよかったのかw

投稿: ビヨ | 2013年3月14日 (木) 21:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« てんてん | トップページ | 撮り鉄失敗w »