« 小正月行事 その3 | トップページ | 撮り鉄すっか? »

悩ましいのう

Img_4279_2

 いやー、DP1m、なかなか活躍させられずに悩んでおります。エグい写りだというのは十二分に承知してはいるものの、ボディが常時携帯機の大きさではなくなってますんで、それなりに気合を入れたような時でないと使いにくいんです。

Img_1705_2

 同じく28mm相当でエグい写りをする銀塩機、TC-1と比較しますとなおさら持ち歩きと使用場面は選ぶDP1m。
 TC-1はエグいレンズにジャンルとして最後発の強みである小型化が合わさって、小さな暗殺兵器的な存在でした。金属筐体で多少は重みを感じるものの、その体積の小ささは特筆モノですからね。

Img_2188_2

 そう考えてますと、旧DPの大きさは、これはこれで意味がある存在になったんだなぁと感じます。
 レンズがボディ内に完全に収まらない沈胴ですし、フード常用となれば延長チューブを使用しなければならず、お世辞にも収納が楽ではないですが、フードを使わない前提なら小さく収まります。X3ダイレクトセンサーを使える小型機としてメリットがありますね。

 そりゃメリルセンサーのエグい写りと比較してしまうと地味な写りに思えちゃいますし、自然放電が激しくてやたら頼りないバッテリーは複数装備が大前提になっちゃいますけれど、自分が得意な画角はメリル化し、あとは旧DPでもイケるんですよ。
 そう思ってかつての28mm野郎であった私は、DP1mを選んだのですけども、これがいつの間にか28mmが難しくなってて(^^ゞ

Dp3m_0001

 しかも中望遠域はメリルのみの世界ですからなぁ。これを使いたいとなると組み合わせに悩むところで、もはや交換レンズの感覚でシリーズ3機種買っちゃえ!というブルジョア的なご意見も世の中にはありますが、貧乏人には簡単にいかない話。
 DP2xを遊ばせたくはありませんしねえ。数ヶ月使ってませんので。慣れると41mm相当のDP2xはけっこう使いやすいですからね。絞りをコントロールして遊ぶ楽しみにちょうどいいといいますか。

 うーむ。もうちょっと悩んでみますか。忘れたくないのは「使ってナンボ」。ヘタクソとかそういうこと以前にですね。

|
|

« 小正月行事 その3 | トップページ | 撮り鉄すっか? »

機材ネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小正月行事 その3 | トップページ | 撮り鉄すっか? »