« 更新しますた | トップページ | ┐(´д`)┌ »

学習してみるとか

 今年は雪が多いものだと覚悟していると、本格的に積雪と戦うのは2月前半というイメージがありまして、ここへ来て肩透かしのように穏やかな日々が続き、なんだもう終わりなのかと油断したくなりますが。
 こんなもんでは済まないのでしょうなぁ。4年連続の豪雪とか以前に、もう降るもんだとシーズン前から思ってたほうが諦めはつきます。

 内陸部の、県内でも豪雪地帯と認識されている地区でもそこそこ多く積もってるものの、沿岸部の積雪がシャレにならんという話でして。
 この沿岸部へ雪がやたら降るメカニズムというのは、もう何年か前に明らかにされてまして、本来なら内陸地区まで持ち越されるはずの雪が沿岸部で落ちちゃってるだけなんですけどね。

 これだけ豪雪が続くなら、もう覚悟して最初から除雪予算を大きく組んだらいいんでないの? もし余ったら、その時にはなにか市民へボーナスになるような仕組みにして。そしたら市民の積雪と除雪への関心が今より高くなり、自治体へ同情的になったりしてね。

 もう秋田市民ったら「公僕はなにをやっとる!」みたいな勢いで、ただでさえわがままな秋田人気質なのに、好き放題に市役所へ電話かけまくってるらしいですわ。
 電話応対にスタッフを割かれたら、それだけ自治体の仕事が能率落ちるとか、少し考えてあげてもいいんでないかと思ったりしますよ。非常手段で「車線が減っても道路が狭くなってもおかまいなし」という路線除雪体制ですからねえ。

 熱しやすく冷めやすいと言われる典型的な日本人が秋田人ですからな。なにか市民も喜べる除雪予算の消化手段を工夫して、最初から大きく組んだほうがいいと思いますよ。そのほうが市民も安心すると思います。
 もちろんその他の市民サービスが低下する可能性もあり、それならそれでまた電話で気軽にクレーム入れるジジイとかが出てくるんでしょうけどもねえwww

3f357495_2

|
|

« 更新しますた | トップページ | ┐(´д`)┌ »

ローカル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 更新しますた | トップページ | ┐(´д`)┌ »