« モノクロームモードに唸る | トップページ | 小正月行事 その3 »

ボディスーツが届いた♪

Img_4740_2

 はい、やっと荷物を引き上げてきましたよ。ユリシーズさんのボディスーツ。DP2で使って実用性とドレスアップに大変気に入りましたので、DP1mにも着せてやろうという寸法。

Img_0059_2

 こんな具合になります。え?もうちょっときれいに撮れって?もーね、最近はブツ撮りする意欲がなくて(^^ゞ

Img_4618_2

 このボディ上部の「タスキ」が実用的だし特徴的で好きだったんですが、今回のものにはありませんね。これはDPメリルのデザインにタスキを通す余裕がないからだと思われ。

Img_0058_2

 ホットシュー脇は狭いし、距離指標とAFランプがありますんで、余裕がありませんよね。仕方ないところ。

Img_0062_2

 ボディスーツが広がってしまって悲しいのですよ。このへんは製作サイドとしても痛し痒しなのだろうなと推測してますけど。

 今回のDPメリル用ボディスーツでここに触れねば怒られるという特徴がこれ。

Img_0063_2

 ボディの底部へアクセスできるようになってるんですよ。なにしろDPメリルは昨今のカメラとしてはものすごいバッテリー食い(というか採用バッテリーが能力に比較して小さすぎ)。100カット撮るのは厳しい仕様ですので、頻繁にバッテリー交換することが想定されるわけです。

Img_0064_2

Img_0065_2

 こんな具合にスーツを脱がさなくてもバッテリーが交換できます。これは今回の一大特徴じゃないですかねえ。
 あ、バッテリーに番号振ってるのは、4つ用意してるバッテリーの使用順序に困らないようにです(^^ゞ

 ここから先はネガキャンでもクレームでもなんでもないとお断りした上で。

Img_4747_2

 正面から見るとこんな感じなのですけれど。グリップがいびつな形になってますよね。上が狭くて下が広くなってます。
 きっとバックオーダーを抱えていて突貫作業なのかもしれんな、と我慢しようかと最初は思いましたが、いざカメラを構えてみたら、このカタチが私の手に絶妙にフィット!w

 ええ、若い頃に右手首に怪我をして、脳で意識しているカメラの水平感覚と実際の水平が常にズレてるという困った障害のある身なのに、一発で水平が取れるようになりましたのよ。DP1mでもナチュラル傾斜には困ってました。
 もしかしたら出荷してるメーカーさん的には書いてほしくないことかもしれないと思いつつ、あまりにも自分の手にフィットしてうれしかったので、書いちゃうのだw

 旧DPでは元々のボディが小さいので気にならない点ではあるものの、DPメリルにボディスーツを着せると確実に一回り大きなボディを握ってる感覚になります。
 一枚皮を着せてるんですから当たり前なんですけどもね。メリルになってからやたら大きくなったという感覚が自分にあるせいか、最初は気になりました。でもホールドが確実に向上しているので、おそらく慣れれば気にならなくなる部分かと思います。

 バックオーダーでいつ届くかわからなかったものが、偶然にも自分への誕生日プレゼントになったというのに、人によっては激しく気にするようなことを書いてしまいました。
 でも手ブレに非常に敏感なカメラであるDPメリルにとって、ホールドが確実に向上するこのボディスーツはおそらく強い武器になるんでないですかね。オススメします。

|
|

« モノクロームモードに唸る | トップページ | 小正月行事 その3 »

機材ネタ」カテゴリの記事

コメント

上部のベルト、足したくなりますね。
カポカポして気になりそうです。

そして、グリップのレンズ側ナナメはあえてそうなのか、
とても気になります。

投稿: こんどう | 2013年2月18日 (月) 00:46

販売元からスルーされてるのが意味深かとw

投稿: ビヨ | 2013年2月18日 (月) 20:38

本家H.P.を見ると、真正面の写真はないですが
グリップは垂直に縫製してあるように見えますね。
ということは・・・。

投稿: こんどう | 2013年2月18日 (月) 23:42

ある意味で「当たり」を引いたと私は思ってますが、オシャレ重視で発注した人はどう感じますかなぁ。

投稿: ビヨ | 2013年2月19日 (火) 09:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« モノクロームモードに唸る | トップページ | 小正月行事 その3 »