« 雪が多いですよ | トップページ | お気楽路線w »

実機触りーの

Img_4479_2

 えー、勢いでカタログをもらってきてしまいましたが。別件で大型家電店へ行ったついでに現物を触ってきましてですね。キヤノンEOS 6DとニコンD600。両者ともなんで「6」なのか未だによくわかりませんが。

Eos_6d_0002

 まずは6D。大きさはまんま60Dですね。手にした感じは60Dよりも軽いんじゃないかと思うほどでしたけど、我が家の60Dはバッテリーグリップがついていることですし、カタチなどでも手にした感触というのは変わりますから、あくまで印象のレベルでの話。

 操作部は60Dとほぼ変わりませんので、すんなり設定を変えられて。自分がいつもセットする設定ですね。
 興味があったのはサイレントモードなんです。大袈裟な一眼レフを持ち歩くことに心理的な抵抗をなくしていない私としては、せめて動作音が静かなら助かると銀塩の頃から願ってますが。
 これがとっても静かなシャッターなんです。音量として静かな上に音質が柔らかい。旧F-1のモータードライブを思い出しました。いわゆる「ソフトドライビング」というやつですね。
 レリーズボタンの表面をまさぐるように触り、微妙な力で押し込んでソフトなシャッターというのは、手ブレに対する効果もありましてな。事実レリーズショックも少なく感じました。

 頭の中で想像していたよりファインダー視野は見やすかったです。60Dで慣れちゃってるというのはあるにせよ、意外にも違和感がまったくなく、展示機にくっついてたEF24-105mmとのバランスも良さそうな。

D600_0002

 対するD600。あくまで量販店の店頭で触っただけで60Dと比較しちゃいますが。

 ボディの凝縮感というモノ的な魅力はありますね。ぎゅうぎゅうに押し込めたような。大きさや重さは気になるようなところはなく、6Dと同じような感じ。構えてみても気になるような握りの違和感はなく。
 操作系は慣れてませんし、メーカーが変われば用語も変わりますので、そのへんは慣れが必要ということで納得しつつ。

 ニコン機のシャッター音はずっと好きで、シャキッとして締まりのある音といいますか、そのへんを期待してレリーズしましたら、音よりもレリーズショックが大きいことがとても気になりました。何度試してもブレるのが怖くなるようなショックなんですね。
 直前に6Dのサイレントモードを試していたのもあって、その差は大きく感じました。何度かレリーズしてみましたけど違和感は変わらず。

 メーカーに対する慣れっていうのもあると思います。○○流みたいな感じで、コストダウンする際にも優先する要素はメーカーさんで違うのでしょ。D600のレリーズで揺すられる感覚は、かつての軽過ぎる銀塩kissでボディを揺すられている感覚を思い出しました。

 以前、あえて投資するならニコンD600を選びたいと書きましたが、どうしてもフルサイズ機を買わなきゃならないという状況に置かれたら、今は6Dを選びたいですね。
 必要性がなければアベイラブルライトで押し通したい身では、レリーズの感覚は大切にしたいのです。サイレントモードを解除してもソフトなレリーズが変わらない6D。個人的には6D最大の美徳のように思えました。

Xe1_0001

 まったく眼中になかったフジ写のX-E1。実機を目にしたら意外な小ささ。EVF仕様のくせに表示遅延はほぼ感じなく、コントラストがきっちりしていて見やすいEVFですね。
 このボディの感じはなんかいいんでねえの?画像で見るよりもずっと微妙なデザインラインで、存在感もあり。DP1mに手を出す前なら、きっと興味を強く抱きましたね。使ってみたいと願った可能性大。

 初代X100でも感じたことですが、EVFの表示の遅さを意識しないで済みそうなとこがフジ写さんのいいとこですね。

※ D600にもサイレントモードがあることに、後でカタログ見てて気がつきました(^^ゞ

|
|

« 雪が多いですよ | トップページ | お気楽路線w »

機材ネタ」カテゴリの記事

コメント

自分は年始に触ってきました。
どっちの「6」も思ったよりは軽いけど
ごついなぁと。あと、金あっても買わね
えなぁと。私には手に余る気がしました。
K-5のサイズになれてると、あれより大きな
カメラを「ふりまわす」気になれないんです。
 ただ、キャノンには失礼ですが、6Dは
バランスが良いカメラだと思いました。
なんでかキャノンのカメラにはあんまり
そう感じることがないのですが・・・。

投稿: hk | 2013年1月18日 (金) 22:05

6D、あっという間に14万円台まで下がりましたね。
10万切ったら、なんて考えてしまいます。

小型という意味では、kissボディでフルサイズ、ペンタプリズムファインダーなんていうのが出れば良いのですが。

投稿: こんどう | 2013年1月18日 (金) 23:25

hkさん >
ええゴツいですね。スマートになるにはもうちょっと待たなければなりますまい。
6Dは60Dの流れでインターフェイスが組まれてますんで、私にはまったく抵抗がありませんでした。大きさや握った感覚も60Dと変わりません。

こんどうさん >
ライバルとしてD600があるせいか意外に安い価格ですよね。値下がりもかなり早く。
写りは下という世評ながら、私が選ぶなら24-105mmかなーと思ってます。24-70mmは望遠側が物足りなさすぎて。むしろ単焦点に走るのも手かなー。
いろんなユニットの小型化とコストダウンが進んでフルサイズボディが10万を切るのは2015年くらいかと予想してましたけど、もうちょっと早いかもしれませんね。
kissをフルサイズの軽快ボディとして使える日も、そんなに遠くないかもしれません。

投稿: ビヨ | 2013年1月19日 (土) 19:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雪が多いですよ | トップページ | お気楽路線w »