« DSX-2 2シーズン目 その2 | トップページ | ぐぬぬ X100S »

元気がおよろしいこと

Img_3591_2

 DP2xの小ささとパフォーマンスが惜しく、カブるのがイヤでDP1mに手を出したというのに、28mm感覚を無くして困ってるのと、汎用性じゃDP2系列よのうとつくづく感じてきていたりする身としては、ええい俺はやはりDP1mではなくDP2mを選ぶべきだったのだ!なんて激しく後悔したりするものの、DP2mにしたらしたでDP2xがかわいそうになるに決まってる、複雑な心境。すなわちオタク(;・∀・)ハッ?

 という具合で、メリルをお買い求めになるなら、DP2mをオススメします。せっかくのF2.8、エグい写りのレンズを楽しむには、28mm相当よりも標準レンズ域に近いほうがいろいろと表現が広がるのではないかと思ってマス。

Dp3m_0003

 なんていう具合にね、思ってたとこへ、シグマさんやってくれますわ。まさかのDP3m。中望遠75mm相当のF2.8に、寄れるレンズ。
 地味に感じる焦点距離ながら、メリルの迫力ある絵をマクロ域で気軽に使えちゃうってのは、オンリーワンのおもしろい世界ではないかと思いますね。リジットレンズならではの優位っつーものはあることですし。

 シグマさんはいろいろと元気がよろしいですな。一眼レフ用レンズもそうですし、DPシリーズもそう。
 純正RAW処理ソフトにも遊び心を加えてきてまして、一番元気があるメーカーさんじゃないかという印象。俺もDP1mを遊ばせてちゃいかんなと、また強迫観念がつのるわけでしてwww

 冬場はイベント以外で重装備なことは皆無で、一眼レフすらレンズ1本つけてそのまま持ち歩き、カメラバックレスというスタイルの私。
 仮にカメラバックを持ち歩いたとしても、どうせ例のドンケなのでたくさん機材は持ち歩けず、持ち歩く気もなし。そうなるとDP1mは留守番になりがちなのです。


|
|

« DSX-2 2シーズン目 その2 | トップページ | ぐぬぬ X100S »

機材ネタ」カテゴリの記事

コメント

シグマさん、すごいですよねぇ。
まさかDP3が望遠でくるとは
思いませんでした。
ただ、システムはコンパクトで
良いんですけど、バッテリーのことを
考えると意外と荷物になるような・・・。
あ、DPを1から3まで
持ち歩いたらッてはなしです。

DPは、DPの画角とかぶらない
カメラと持ち歩く、高性能な
スーパースターですね。

投稿: hk | 2013年1月12日 (土) 11:39

メリルならDP2m←まだ言ってるw

描写が良さげですね。DP3m。おそらく世間が抱く75mm相当マクロより使い道が広いような気もします。
マクロスナップ専用機として持ち歩く、という手がありますよね。でもそうなると低感度縛りが厳しいか・・・

投稿: ビヨ | 2013年1月13日 (日) 09:14

DP3で驚いたのは、
DP1=広角のスタンダード、DP2=
標準の良い線の画角という展開の後で、
ニッチの中のニッチな層しか求めない
ような画角でDP3を発売したところ
ですね。
 ホームページのサンプルはかなり良いと
思いますが、望遠のレンズであることと、
フェビオンは低感度縛りがあることで、
世の中のユーザーさんがどんな世界を
見せてくれるのかに期待してます。

投稿: hk | 2013年1月14日 (月) 17:05

ええ、人柱さんの撮った画像を拝見するのが楽しみです!

投稿: ビヨ | 2013年1月15日 (火) 19:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« DSX-2 2シーズン目 その2 | トップページ | ぐぬぬ X100S »