« 過信しすぎたかなぁ | トップページ | 更新しました »

メモ機はタフ機!

Img_0008_2

 「メモ機はタフ機!」とたまに寝言を言ってるのを現実化すべく、お買い得価格に貯まってたポイントをぶつけ、超特価にてニコンAW100を入手いたしました(^^ゞ

 いやソリッドカラーでねくてカモフラージュパターンにしたのは、ミリオタ趣味とかでねくて気に入った色がなかったからですよ。ええ。

 とりあえず第一印象。軽い。これですね。職場で触ったことのあるオリンパスのタフシリーズを知ってる右手の感覚からするなら、この軽さは拍子抜けするところがあります。もちろんS90よりもずっと軽く。
 このボディの軽さと比較して、各操作系が硬くて重いと評されることが多いAW100。防水機なのだからとガッツリ防水養生してきたか、あるいはグローブをした手でもメリハリがわかるようにと硬くしたか。いずれニコンさんのやること、真面目なんでしょうなw

 でもレリーズはそれほど硬くも感じませんで。暗いシーンで手ブレ補正頼みのギリギリカットを撮るのなら、もしかして気になることがあるのかもしれませんけれど、両手で構える分には不安は少ないですね。

 また、キヤノン機とシグマ機で慣れているせいか、ニコンさんの操作系やらメニュー表示にいささか困惑し、取り説必携状態ですが、お任せモード以外もきちんと選べるので一安心。少なくても内蔵フラッシュのOFFモードは電源の断続に関わらず継続してもらわないと使い物になりまへん。

Img_4338_1

 久しぶりのニコンデジタル機。処分価格だの、しょせん廉価版コンデジだの、そういうカメオタ的なことではなく、ニコン機を久しぶりに使える小さな興奮ってのはあります。
 このへんはペンタックス機とリコー機もそうでしてね。とにかく真面目なメーカーさんのカメラってのは、ちょっとした欠点も許せちゃうところがあって、銀塩もデジタルもそのへんは変わらなく。

 AW100はストラップが両吊りなのですよ。かといってカメラの性格上、ユリシーズさんのクラシコを奢るようなもんではありませんで。渋々添付のストラップを装着しました。
 またHDR機能があるようで、私は初めてなのですが、これは撮影シーンモードを選ばなきゃ使えないみたいで。エフェクトモードなんかどうでもいいと思ってる私は、HDRを利用することがなさそうですねえ。おもしろそうだとは思ってるんですけど。HDRの世界は。

|
|

« 過信しすぎたかなぁ | トップページ | 更新しました »

機材ネタ」カテゴリの記事

コメント

ついに防水機逝きましたねぇ。
うちのペンタのWG1がもう少しましなカメラなら
もっとガシガシ使ったんですけどね。

まさかペンタックスにあんな裏切りを受けるとは
思いもよらず・・
会議の動画保存用に細々と使ってる有様です。
ニコンなら裏切られたりしないでしょうね。

投稿: ぴゅんぴゅん | 2012年11月13日 (火) 23:52

でも防水機って「それなり」の写りだと覚悟して使うのが前提かと思います。フレアとか出やすい感じだし。
おそらくは普及価格のコンパクト機よりも写りは劣るのだと思ってます。なんといっても耐圧保護ガラスが一枚ありますので。
ただ曇天の空の色を見てますと、見事にニコン調の重々しさで。やっぱりこれはニコン機なのだなと、ニコノスへのオマージュも含め、ニヤニヤしたくなる要素はありますよ。

投稿: ビヨ | 2012年11月14日 (水) 19:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 過信しすぎたかなぁ | トップページ | 更新しました »