« AW100 その6 | トップページ | レンズを見る目が変わったという話 »

データ復旧でけた(^o^)ノ

 RAID#1の健康であった側のハードディスクが完全復旧して一息。スレーブ側のディスクでしたが、どうも瞬停以来、マスター側ディスクの調子が悪かったし、壊れたクラスタがあるようだったので、スレーブ側を優先して復旧させました。

 瞬停騒ぎの後、USB3.0化した際に電源手動投入の箱にしたのも、今にして思えば失敗だったかもしんないです。
 昔と違って今のOSはいつドライブにアクセスするかわかったもんじゃなく、アクセス中に電源断なんぞしようもんなら、タイミングによっちゃハード的にディスクを壊してしまう可能性もあるわけで、危険な賭けでしたなぁ。

 なにしろ両方のディスクのボリュームが消え、パーテーション未検出どころか未フォーマット状態のディスクとしかOS側から認識できなくなるとこまでいきましたからなぁ。
 ここでフォーマットなんぞしようもんなら負けですし、たぶんブート系ではないかとググって検討し、MBRが怪しいとは突き止めたものの、どうしたらMBRを元に戻せるのかで試行錯誤しまして。

 予算の関係で1.5TBの連装にしてましたので、クラスタが怪しいディスクはおそらく予備の試験用ディスクとしてフォーマットして保存。
 新しくディスクを1基買って再度RAID#1を組もうと思ったら、もう店頭には1.5TBなんていう半端なものは売ってなくて、2TBか3TBなんですね。
 しょーがないのでしばらくは1.5TBの単装で使い、2TBか3TBの連装に切り替えるまで我慢しようかなぁと。落雷の多いシーズンにちょっと怖いのですけど(^^;

 負け惜しみ的にポジティブ方向へ考えれば、落雷による瞬停(といっても0.5秒間くらい完全に電源供給が切れる長めのものでした)で外付けHDDがイカれても、クラスタまでおかしくなったのは1基だけ。
 残るスレーブ側の復旧にはいささか手を焼きましたが、データを消すことなく自力復旧できましたし、同じデータが2基のドライブに残っているはずなので、1基失敗してもまだなんとかなるとw

 なんとかなったからいいものの。データが飛んだままでは精神的にキツかったですよお。

39170d53  

|
|

« AW100 その6 | トップページ | レンズを見る目が変わったという話 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« AW100 その6 | トップページ | レンズを見る目が変わったという話 »