« AW100 その3 | トップページ | AW100 その5 »

AW100 その4

 ちょろすな更新いたしました。ちょっとお仕事方面がバタついておりまして、今さらといった感じの肘折温泉後編っす(^^ゞ

 話は変わりましてAW100。

Img_0008_2

 なんとなく設定のキモを把握でき、慣れてきました。

 レンズが端に寄ってることはすぐ慣れますね。これは背面液晶をファインダーにしているからではないかと。
 操作各部が硬いのも、慣れてくると触るスイッチやボタンが限られてきますので、少しずつ気にならなくなってくる性質のものかと思いました。

Dscn0027_1

 クルマのフロントウインドウ越しではありますが、色の出方などがE5000を思い出させてくれるものがあって、ああニコン機なのだなと思ったり。

 AW100はちょっとおもしろいところがあって。Jpeg記録の中に圧縮度を抑えた記録モードがありまして。通常は1/8の圧縮度であるところを1/4で記録するというもので。
 だからといって極端に画像の見栄えが良くなるといった性質のものではなさそうですけれど、たまに「これが防水コンパクト機?」と驚くキレ具合になったりして、最近は16GBなんていう大きなSDカードを使ってる私は常に最高画質に設定してみてます。

|
|

« AW100 その3 | トップページ | AW100 その5 »

機材ネタ」カテゴリの記事

コメント

実は、タフ機を買うならAW100と密かに思ってました。(しかも、AW100なら同じ迷彩柄にすると思われます(笑)。)

なので、一連のレポートは非常に助かります。

投稿: エンゾー | 2012年11月21日 (水) 15:34

調子に乗って(ネタがないともいいますが)またまたAW100。
普通のコンパクト機よりもはレリーズが硬いので、手ブレにシビアなシーンでは厳しいものがありますけど、連写が速いのでそっちを利用して2カット目以降に賭ける手が使えるかも。

このカメラの美徳は軽量なことではないですかね。とにかく軽くて。荷物を徹底的に減らしたいファスト主義のアウトドア人でも、この軽さなら文句無しでは。
マクロ域はあらためて試してみたいと思ってマス。

投稿: ビヨ | 2012年11月24日 (土) 18:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« AW100 その3 | トップページ | AW100 その5 »