« 更新しました | トップページ | SPPが5.4にアップデート »

最終報告 シグマ18-125mm

18_125_1

 我が愛用のマイナーレンズ、シグマDC18-125mmOSについて、結論的にまとめておきたいと思います。
 ちなみに本日付のキヤノンマウント実販価格で、だいたい\26,000くらいです。そういう安いレンズなのだという前提で話は進みます。

 そもそも私は銀塩の頃から「ズームレンズは28-100mmの範囲をカバーしてくれていれば、とりあえずかなりの場面で戦える」と考えてきてまして、レンズの明るさなどより実際の写りが良ければ少しくらい暗くても可、という意識で。
 昨今のいわゆるAPS-Cサイズセンサーを搭載したカメラに対する画角的な焦点距離でいえば17-70mmくらいに相当します。ちょうどいいレンズがありましてね。それがシグマの17-70mm F2.8-4。

Sigma1770_2

 初代に手を出しましたら、これがあのシグマのレンズなのかと、数十年前の安かろう悪かろう時代が頭にありましたため、非常に気に入りまして、しばらく使ってました。
 開放がF2.8-4というのもなかなか絶妙でして、無理をして明るいレンズにしようとせず、さりとて広角側ではF2.8で使えるものですから、 暗い場所なら広角側で押し通すということもでき。
 挙句にマクロ域が充実しており、なんちゃってマクロのくせしてものすごく寄れるんですよ。普及価格帯の中ではちょい高めのラインでしたけども、かなり使えるレンズでした。

 けれど普通のモーターでAFを駆動していましたのでジージーと音は鳴るし、手ブレ補正というものが普通に搭載されるようになると、超音波モーターを搭載した手ブレ補正レンズ付のレンズを使ってみたいなぁと思うようになり。
 そしたらシグマ17-70mmがリニューアルされましてね。狙い通りに超音波モーターと手ブレ補正ユニットを搭載して。

1770os_01_2

 もう喜んで調達したわけなのですが、いざ使ってみたら、写りが初代のレンズと違うのですよ。必要以上に描写がカリカリしている感じ。ボケもうるさくて、開放で使うのを躊躇するくらいで。
 んで、なんちゃってマクロは健在ながら、マクロ域では初代よりずっと描写が向上していて。

 これはもしかしてマクロ域に注力するあまり、全体の描写を崩してるんでないのかと、ちょっと疑問に思えたのです。あくまで個人的な好みの主観としての話ですが。
 しばらく使ってみても納得がいかず、これはどうしたものかと困りまして。

 とりあえず最新のレンズを使ってみたいだけなら、買い物を失敗しても悔しくないくらいの価格で、しかも一点でも好ましいところがあるくらいのレンズでいいじゃないかと。
 お試しレンズとして手を出し、少しでも気に入ったところがあるのなら、それを活かせる場面で使えばいい話で、オールマイティじゃなくても安い買い物なら後悔しないだろうよ、という程度のノリで探して、18-125mmへ行き着いた次第。

 高倍率ズームというものにまったく期待しない私でしたが、今はネットで実際に撮られた画像を探せるという利点がありますね。
 もちろん宣伝用の作例はあまりアテになりませんし、普通のユーザーさんの撮ったものでもどう加工されているかわかりません。それでも無加工の画像だと判断できるものはあるわけで、参考にはなると思ってます。

R5939_60dr_2  

 で、18-125mmに手を出した決め手は、開放F4-5.6と無理をしていない設計のせいか、ボケが高倍率ズームのくせに、わりときれいなんですよ。
 不自然さが出るのは背景に同じパターンの木々の葉がある場合などで、その際に多少はうるさくなりますが変な形になりません。

 高倍率ズームで気になる歪曲も、広角側で弱いタル型。標準域から長いところで強めのタル型が出るものの、ほとんどの被写体では気にならないことでしょ。
 水平線という基準がある船。あるいは建築物なら望遠側で気になる歪曲になるかもしれませんが、スナップ撮影という範囲ではめったに気にならない範囲かと思います。

 また、望遠側の逆光では明らかに描写が弱くなり、シャープさとコントラストが落ちる上に、色調に変化が出てカラーバランスが崩れる印象。
 シャープとコントラストは後補正でなんとかなる範囲にありますが、色調の崩れはちょっと難しい場合があり、ここがこのレンズの難点ではないでしょうかね。格安高倍率ズームということを考慮するなら、あまり文句を言っちゃいけない部分ではありましょうが。

 手ブレ補正も立ち上がりは頼りないものの安定してからはちゃんと効きます。即レリーズというシーンでは効かない可能性がありますけど、レリーズ半押しで2秒くらい粘れば効いてくれます。シグマの手ブレ補正を生かす上でのコツでしょうか。

 また超音波モーターは静かで素早い動きをしてくれますけれど、AFの作法は守ることに越したことはないようです。
 ズームレンズなので、時間的な余裕があるなら望遠側でピントを合わせてから広角側で構図を取るとか、そういった撮影者側の工夫がレンズを生かします。これは一般的なAFの問題なのか、あるいは「社外品レンズ」のせいなのかまではわかりません。

 キヤノンに限れば、APS-Cサイズ専用レンズのラインナップがどうにも煮えきらず、そのくせして少しでもキッチリ写るレンズを選ぼうとするとけっこうな出費になっちゃいますよね。
 このへんはキヤノンさんがAPS-Cセンサー機を「過渡的な存在」と考えているということだと私は受け取ってましたので、コスパに乏しいキヤノンレンズには手を出す気にはなれませんでした。何度か検討はしたのですが。

 あえてシグマ18-125mmに手を出したのは、「どうせAPS-Cセンサーなんてものはいずれ縮小すんだろ」と半分投げやりな感覚がありました。クソ高いレンズに手を出しても、しょせんメーカーさん的にはママ子のボディなのだよと。
 その点、レンズメーカーさんは違います。レンズが装着されるボディやセンサーサイズがなんだろうと、一定のパフォーマンスを出さねば存在意義が問われます。

 時には純正レンズを超えるレンズが登場する理由はそこなのだろうと私は思ってますので、なんぼ歪曲補正とかカメラ側に搭載してきても純正レンズを使う気にはなれんのです。だいたいにおいてそういう誤魔化しってどうなのよ?w

 いやデジタルは誤魔化しの積み重ねでしかないというそもそも論も承知してはいますけど、それでもレンズはアナログ光学な存在でしょうに。デジタルカメラに対するアナログ入力デバイスなんですから。
 ですんでデジタル機用とはいえ、レンズの好き嫌いくらいはワガママを通したいんです。素性のいいレンズは高価なレンズとは限らないという銀塩の頃からの思いは、今でも変わりませんのよ。

 大艦巨砲でつまんねーもの撮ってるくらいなら、チープな装備であってもがんばって撮りたい。その意識は銀塩の頃となんにも変わっちゃいません。

<追記> 弱点を追記しておきます。画面内に太陽が入る場面になりますと、フレアとゴーストが大変に出やすくなります。画面四隅ならまだしも、他の位置に太陽が入ると、円形のレインボーが派手に出ます。そういった構図が多い方にはオススメできません。
 また、望遠側をメインにして使うレンズではありませんね。135mm域は非常用とでも意識して使うべきかと思います。光量がたっぷりでないと破綻しやすくなりますので。

|
|

« 更新しました | トップページ | SPPが5.4にアップデート »

機材ネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 更新しました | トップページ | SPPが5.4にアップデート »