« 戦う男 | トップページ | 登米へ行ってきました その1 »

買えないわw

 もうどうにもこうにもちょろすなの更新が遅くてすみません。やっと西馬音内の前半まで更新しました。もう1ヶ月近く前の行事w
 西馬音内に関しては、初参戦の上に土地鑑ゼロ。しかも頼みの外付けフラッシュ無しという状況で、がんばって撮ったつもりでしたが、同じようなカットが続いているのは勘弁してくださいまし。

Dsc_rx1_0008

 いちおーRX1にも触れておきましょうか。明るい35mmレンズ搭載のフルサイズ機、というのは写真好きの琴線に触れるところ大だとは感じるのですが、25万出して光学ファインダーが外付けのスナップ機はいらない、と私は思っちゃいますね。

 このカメラを必要とする層は必ず存在するでしょうし、撮影されたカットがWebや雑誌の紙面をにぎわせ、画質がすごいとか話題になるのは必至。
 ですがカメラをきっちり構えるべきではないかと考え光学ファインダーに回帰した私としては、この構成は無理なんです。満足に使いこなすことはできないのが目に見えてます。しかも25万円なんて。私には縁がないこと確定。

 これが10万くらいなら、もしかしてフラリと欲しくなる時はあるのかもしれませんけど、その時でさえ内蔵光学ファインダーを使えないことで躊躇するかもです。
 DP1mでさえ内蔵光学ファインダーが欲しいと思ってるくらいです。でも28mmでスナップを撮るのならあまり気にならないだろうという目算があってのこと。DP2xであっても背面液晶オンリーというのは辛いと感じる場面はありましたんでね。

X100_2_1

 そんなわけですから、私はX100を興味深々に考えていたのですよ。できるだけ光学ファインダーで撮ろうと。
 内蔵してりゃいいってもんじゃありませんし、EVFであってもレスポンスに優れた見やすいファインダーというものはあるのかもしれませんが、外付けファインダーと背面液晶オンリーはなるべく避けようと。

 メモ機などは仕方ないと思ってますけどネ。

|
|

« 戦う男 | トップページ | 登米へ行ってきました その1 »

機材ネタ」カテゴリの記事

コメント

X100は、相変わらず「液晶モニター上で見えているライブ画像と、シャッターを押して記録される画像の露出が違って見える」というフジ特有の病気持ちです。
カメラ本体の液晶とパソコンのディスプレイで見え方が違うというのであればまだ可愛いのですが、0.1秒前まで見えていた明るさと、撮った瞬間にプレビューで見る明るさが違うんですから、キレそうになるというか。

あと、AFがトロいので、人物を入れたスナップには辛いです。マクロにも弱いので、テーブルフォトにも向いていません。

写りはかなり良いのが救いですかね。

投稿: エンゾー | 2012年9月13日 (木) 12:08

買いませんよお。エンゾーさんから前にアドバイスもらってたので。
ただ造形は今でも好きですし、このカタチでなんとかならんかなぁとはいつも思ってます。

私にはDP1mというマストアイテムが!
(まだ注文してませんw)

投稿: ビヨ | 2012年9月13日 (木) 19:39

 すげえですね。ゾナーの35ミリで、F2となると
どんな写りなのかなぁ。まぁ、T3があるんで、
私にはあれで十分です。
 光学ファインダー内蔵のGXRがあったらなぁ・・・と
現行のGXRを見ながら夢想します。そうなったら
最高なのに・・・。
 X-PRO1とか、Qとか、NEXとか、いろいろさわり
ましたけど、GXRだけがバランスとれてる気が
しました。できるだけマウント増やしたくないし、
レンズもそんなに増やす気はなく。Mレンズ使えれば
レンズ増やさなくても良いしねっていう考えもあり。
 GXRは十分ぶっ飛んでる写りもすると思うん
だけどなぁ。

投稿: hk | 2012年9月15日 (土) 01:07

実際にそういったものが可能なのかどうかはともかく、GXRはボディとレンズ+センサーユニットが別ですから、ボディ側に光学ファインダーを積んだものが出てもおかしくはないシステムなのですよね。
まあ既存のすべてのユニットに対応できなくても、かつてのRF機のように28-100mmくらいの範囲をカバーしてくれるだけでもかなり存在意義はある気がします。
というか、GXR生き残りの方向って、もしかしてそういう方向なのでは。

投稿: ビヨ | 2012年9月17日 (月) 18:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 戦う男 | トップページ | 登米へ行ってきました その1 »