« いよいよS90の調子がおかしく その2 | トップページ | いよいよS90の調子がおかしく その4 »

いよいよS90の調子がおかしく その3

 どうも明け番は天気が悪く、本格的にライトイヤー1を張ることができまへん。

Img_3583_2

 薄々「買い物を失敗したなぁ」とは認知しておりますけど、キチッと張ったことがなくてですね。
 長引いた夏のおかげで当地ではスズメバチが多く飛び、ただでさえツキノワグマに遭遇する可能性が高い昨今、ちょっとした気軽な野営をしようとしても、なかなか選択が難しい野営地なのですよね。
 いや、10年以上前に秋田市内の山へ登った帰り、思いっきりクマに道路を横断された経験があって、いまさらっていう話ではあるんですけども。

 話は変わりまして。

20120910171434

 基本的に私は上図のように考えております。優先度は撮る気満々ゾーンへ近くなればなるほど高まるわけですが、実際に撮り歩いている時の行動パターンとして、撮る目的地ではメイン機とスーパーサブ体制ですけども、立ち寄ったお店や食堂などではメモ機しか手にしてないんですよ。

 例えば60DとDP2xで撮り歩いていたとしても、シブいラーメン屋に入る時はDP2xとS90とかね。あるいは大曲の花火では重いカメラは持ち込まず、むしろ連写能力とフレキシブルさを優先してJpeg上等でS90オンリーとか。

 私が求めるメモ機って、けっこうハードルが高いんだなぁと気がつきました。「たかがメモ機」では済まないような使い方をしてんですよね。
 撮影条件が悪く、かつ荷物を増やしたくないような場面ではメモ機一択。なのにけっこうな能力を求めてたりしまして。

 我が家でもっともシビアなのはメモ機かもしれません。60Dを満足して使ってるわけではなく「このくらいのもんだろ」的ですし、DP2xは惚れてるもののオールマイティではありません。調達予定のDP1mもオールマイティとはいかんでしょ。その隙をメモ機で埋めようとしてるという。

 60Dのレンズに高倍率ズーム方向の調達を考えている私を、昔と変わったと感じてらっしゃる読者の方は多いかと思います。60Dはセンサーサイズが大きくて賢いカメラくらいにしか考えてないんですよ。おっきな便利ズーム機みたいな。
 光学ファインダーがなきゃイヤだという部分を60Dで補完してるだけですんで、MFでピントを合わせられそうだというのを密かに調達条件にしていたわけで。写りに納得してるということではありません。投資に見合ってるかどうか程度の感慨しかなく。

 選んだカメラですから、そりゃかわいげがあるかどうかとは気にしてますけども。わりとがんばるところは60Dの美徳ですけどもネ。
 けれど高価な明るい単焦点レンズを奢ったところで、その画質的恩恵というものが得られるのかどうか、かなり私は疑問なんですよ。
 むしろISOオートというデジタル機ならではの機能と、高感度でもそこそこ真面目に記録してくれる60Dの美徳を生かし、開放F値が暗くてもシャッターチャンスを生かす使い方が合っているのではないかと。そう考えているんです。

 かといって写りにこだわらないのもつまんないっすよね。そのへんをフォローしてくれるのがシグマ機なのですが、残念ながらオールマイティというより画質優先機という存在です。ハマれば至高の写りなんですが、常用はどうかと。
 というわけで本来なら軽く扱っていいはずのメモ機に私が悩むのは、けっこうな役目を期待してるからなんだと、いまさらながら気がついた次第(^^ゞ

|
|

« いよいよS90の調子がおかしく その2 | トップページ | いよいよS90の調子がおかしく その4 »

機材ネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いよいよS90の調子がおかしく その2 | トップページ | いよいよS90の調子がおかしく その4 »