« グダグダ野営 その3 | トップページ | いよいよS90の調子がおかしく その3 »

いよいよS90の調子がおかしく その2

 大松川で野営した時に足を虫にたくさん刺されたらしく、治らないまま紫色の斑点になってきております(画像自粛w)。
 いつもならハイカットの靴を履いてるんですが、大松川じゃ裸足にサンダルだったのですよね・・・。やはり野営で裸足は危険ですな。

 話は変わりまして。

 我が物欲はここへ書かないだけの話で、ものすごいものがあるのですけれど、生活が安定してくると逆に贅沢を警戒するみたいな貧乏性を併せ持ちますんで、いちおー常に調達順位というものは意識しております。
 「贅沢は敵だっ」ではあるものの、どうしても現有のレンズに納得がいかなく、常に浮気の機会を狙ってますし、S90不調にかこつけて小さなカメラを調達しようとしてますしねえ。
 SD1mこそ以前よりテンションが下がりましたけど、その分だけDP1mへの欲求が強くなってますし。物欲のタネは尽きまじ。

Ixy430f_01

 メモ機は普及機から選ぶというのもひとつの選択であると考える私ながら、タッチパネルで操作する点で430Fはボツですなぁ。
 スマフォで文字入力するのでさえ、今でもイライラすることがあるというのに、撮影時にタッチパネルが思うように操作できないとなったら、たぶん私はキレますw

 Wi-Fi搭載のスリム軽量低価格機という点に430Fの価値を見出してみたんですがね。IXY900ISを2台使い倒すくらい、私は普及機に抵抗はありません。ただし頭の中でシミュレートした時点でボツなカメラは無理。同じ理由でIXY1も無理。

Tx5_1

 タフ機路線も未だ考えてはおりますが、防水機の中では異色の描写と思ってたTX5の映像エンジンを、どうも現行機は引き継いではいない様子。
 動画への対応でエンジンの味付けを変えたようですね。静止画の描写がすっかり塗り絵調になったとか。そりゃつまんない話ですよねえ。どうせ塗り絵なら格安タフ機ってのもひとつの選択ながら、一本勝負なんかできるわきゃなく。

S100_01

Dscrx100_001

 どうしてもこのへんになっちゃうんですかなぁ。S90でSシリーズの使い勝手は心得ており、改良に継ぐ改良でS100は完成形に近いのではないかという予感があり、実販価格が自分の中で引いてる線より下になったらポチる予定だったんですが。
 まさかソニーに流し目するとは。かつてのDSC-R1という仇花がね、急に思い出されて。なんで俺はあの時に買わなかったかなと一時期後悔したもんで。

 キヤノンのPowershot Pro1なんて、今から見たら普及機センサーを積んだ外見ばかりのこけおどし的カメラにしか見えないかもしれませんが、細かいところに投入している技は意欲的だったように思うんです。
 それを意識したかのように、大きなセンサーにツアイスレンズを組み合わせて登場したDSC-R1って、今回のDSC-RX100みたいじゃありませんか?
 キヤノンにケンカ売ってるのも同じ構図で。(個人的にはデジタルでツアイスもライカも語れるレベルにセンサーとエンジンが成長していないと思ってますが。それでもレンズブランド名はそれこそ「こけおどし」にはなるかもですね)

 とはいえですよ、仮にDSC-RX100のツアイスを語るズームが販売戦略上の差別化目的だとしても(銀塩時代と同じT*コーティングじゃデジタルでダメでしょという個人的感慨も併せ)、カメラってのは出てきた絵で語るものですから、大きなセンサーを搭載しているおかげで雄弁に結果を残すといえるわけで。
 S100は1/1.7型センサー搭載の小型機としての熟成度はすごいと思ってるんですが、S90でたまに感じる「IXYのほうがまとまった絵になってね?」まで解消されてるかどうか。

 今のところ調達順位ではメモ機更新が筆頭。そうなればS90は常用機からハズれるので現場カメラ化w
 その次あたりにレンズが来るのかなぁ。んでDP1mにフードとバッテリー追加で。追加バッテリーはもう1つあればいいや。一日で200カット以上同じカメラで撮るなんて、私の場合は一眼レフ以外ではあり得ませんので。

|
|

« グダグダ野営 その3 | トップページ | いよいよS90の調子がおかしく その3 »

機材ネタ」カテゴリの記事

コメント

CBXを売れば全部一気に買えません?w

投稿: Kizao | 2012年9月 8日 (土) 23:42

あり得ませんw

部品取り機でも30万くらいでは売れるらしいですけど。

投稿: ビヨ | 2012年9月 9日 (日) 13:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« グダグダ野営 その3 | トップページ | いよいよS90の調子がおかしく その3 »