« 登米へ行ってきました その1 | トップページ | 登米へ行ってきました その2 »

新商品雑感

 暑さ寒さも彼岸まで。とは古から唱えられる言葉ながら、東北の片田舎じゃなく、主に関東近辺の話でしょ。東北は関係ねえっすよねえ。
 いつもならばお盆が過ぎれば夜は涼しくなり、9月となったら秋到来というのが当地の当たり前。増田の花火なんて、Tシャツで眺めてるようなものではないはず。9月中旬の内陸の夜で半袖なんて、ありえまへん。

 さて、話はカメラ系の新商品ラッシュへ触れようとするわけですが。

Eos_6d_0001

 とりあえずEOSユーザーとして気にはなりますな。EOS6D。スペック厨の皆様があーでもないこーでもないと文句をつける様子は思い浮かびますが、個人的な感慨としては「いよいよフルサイズが当たり前の世の中になるのか」ですね。

 キヤノンがAPS-Cセンサー搭載機へ子供騙しみたいなレンズを主に供給してきているのは、将来的にフルサイズメインへ移行するための時間稼ぎなんだろーなーと感じてましたので、メーカーさん的には予定通りのEOS6Dなのでしょ。
 そのフルサイズをメインにするタイミングですね。これがいつになるかということだけが、キヤノンアマチュアユーザーの投資に関する心配事じゃなかったんですかね。

 個人的な感覚では、自分が使わない機能はいりませんし、60Dでさえたまに重く感じるくらいですから、小型軽量のレスオプション的フルサイズ機は素直に歓迎します(GPSもWi-Fiもいらねえっすけど)。
 どうせAFはセンター1点固定でしか使いません。そのAFセンサーが暗い場所に強いとなれば、夜祭り撮影好きには文句なし。ほぼ60Dと同じ大きさと重さなら、スナップに使えますしね。

 ただ買うかどうかという具体的な検討をすると、視野率はできれば100%であってほしいと60Dを使ってて最近は感じますし、フルサイズに見合う主力レンズは我が家にあるのかという話になれば、ほぼ全滅ですな。
 古い銀塩用レンズでもデジタルで使えるであろうと推測できるレンズは在庫があれど、メインで使えるレンズがないんですね。
 ということは、新しいマウントのボディに手を出すのに等しい冒険なわけですよ。私としては。しかもキヤノンのフルサイズ用レンズは高価であり、レンズメーカーさんのレンズもフルサイズを意識しているものはけっこうなお値段。

 しばらく様子見ですね。純正サードパーティ問わず、レンズがどのくらいフォローされるのか。そこがキモですな。

1770n_0001

 一方、元気が良いシグマさんは、APS-Cクラスで実に使いやすい17-70mmをリニューアルするらしく。スペック的には変わりがないように見えて、小型軽量化を実施した模様。

 シグマさんの17-70mmレンズは使い勝手が良く、たまたま現行レンズは写りが気に入らなくてドナドナしちゃいましたけど、初代は写りの良さでまだキープしてます。
 三代目はどのような写りになっているのか。昨今は小型化が写りに負担をかけるとは限らず、逆に写りが良くなっているケースもあり、現行モデルより30%ほど小型化したという三代目の写りを確認したいものです。

 おそらく今後のサードパーティレンズはフルサイズ市場を狙ったものにシフトすることでしょうから、そういった意味でも今回のシグマ17-70mmリニューアルは、旧来のAPS-Cユーザーにとっての福音であってほしいと。そう思います。

S100_01

 で。みなさんS110という新機種の画像を見ましたか?個人的に「そりゃねえわ」でした。せっかくS100で小さな指かけを設定したというのに、S110はたかがWi-Fi搭載でまた右手側をフラットにしやがりました。文句のあるやつぁリチャードの(以下略)。

 どうしてもWi-Fiの必要性がある人でも、S100にWi-Fi搭載SDカードでいいんでないですかね。メーカーから提供されるスマフォ用アプリとの親和性とかあるんでしょうけど。
 そもそもカメラというものは、撮影の道具なわけです。撮る能力を落としてWi-Fiを積みましたというのは、それはもうカメラではなく単なるデジタルガジェットでしょ。頭が硬いとか言われても、私はそう感じるんです。

 S110の詳細はまだ知りませんが、少なくてもホールディングに関してはS100以下と見ましたんで、現状では旧モデルになってしまうS100の在庫品を探すか、あるいは画像をいじり倒す前提でソニーRX100かですね。
 もうちょっとボロボロのS90でがんばろうと考えた私ですが、S110の次のモデルに期待するほど気は長くありませんで、とりあえずS100かRX100かという検討を再び始めてみたいと思ってます。

|
|

« 登米へ行ってきました その1 | トップページ | 登米へ行ってきました その2 »

機材ネタ」カテゴリの記事

コメント

k-5があるのでフルサイズに手を出そうとは思い
ませんが、10万くらいで(中古なら)フルサイズ
が手にはいるようになってきたので引かれる部分は
ありますね。
シャッターが4000分の1なのが少し不満ですが、
とは言っても銀塩EOS7だって4000分の1だから
実用上問題ないというか、今と変わらないじゃないかと。
ただ、私の場合はEFマウントレンズ全然持ってないの
でね、そこがハードルでもあります。
ニコンマウントレンズは皆無。
 αマウントの廉価版フルサイズを待ちこがれてますが、
いつになるのやら。というか、そもそも発売されるの
かさえ、全然わかんない。
まぁ、誰がなんと言おうと、α SWEET DIGITALの
色が気に入ってるので、当面はこいつと共に生きて
いこうと思うのです。

投稿: hk | 2012年9月23日 (日) 00:53

気に入ったカメラがある幸せですよ。デジタルの場合はラボがカメラの中に入ってるも同然ですから。
私はどうもハテナマークでデジタル機とつきあってるところがありまして。そのへんを解消してくれそうなヒントがシグマ機にはある気がしてるんです。

投稿: ビヨ | 2012年9月24日 (月) 19:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 登米へ行ってきました その1 | トップページ | 登米へ行ってきました その2 »