« 防水機 んー | トップページ | キタコレ »

常用レンズがなぁ

 密かにちょろすなを更新してます。一ヶ月遅れにならないよう、慌てて更新したりしてました(^^ゞ

 で。更新作業をしつつ考えてたんですが。やはり200mm相当域までズームでカバーしてもらえると、なにかと気軽に望遠側を使う気になれますんで、こりゃ便利だなと。

18_125_1

 キヤノン機ですと29-200mmといった感じで使えます。200mmを使うことはめったにないだろうと推測しつつ買ったお安いレンズでしたが、祭りなどではけっこう望遠側を使ったりしてます。
 歪曲が少なく、暗いレンズであっても望遠側を使うことでボケも出せますし、広角側F3.8でも寄れば背景をボカせますしね。けっこう使えるレンズだったりします。

 ただしシャープさとコントラスト、トーンの具合はお値段なりのものでしかなく、あまり多くを求めちゃいけないレンズでもあります。
 複雑な光線状況だとシグマ独特の濁ったシアン系が顔を出しますしね。ああシグマのレンズなんだな、と感じます。昔のシグマレンズの色調になることがあります。

 考え方としては、ほぼ28-200mmの感覚で使える便利ズームで、お値段のわりによく写り、おまけで手ブレ補正機能もありますよと。静かなモーターなのでAFでギーギー鳴りませんしね。
 このへんは17-70mmになりますとシャープさは上ですし(あちらは少々硬すぎる写りのような気はします)、ヌケも上です。価格差がそのまま写りの差になってる感じですね。

Tam1750vc_1

 一方、タムロン17-50mmのVCは、噂では非VCモデルよりも写りは劣るらしいですけど、タムロンのわかりやすくガッツリ効く手ブレ補正は頼りになるもので、この価格帯でよく効く手ブレ補正の大口径ズームはこれしかありませんから、価値あるレンズだと思います。

 こちらは27-80mm相当。28-105mm無敵主義の私からすると、望遠側が物足りなくなるのではないかと心配しちょりましたが、夜祭り夜店で使ってますと十分だったりします。
 祭り全体を記録しようとするなら、もうちょっと望遠は長いほうが楽なはずですけど、夜店スナップには十分ですね。歪曲が気にならない被写体ですし。

 で、西馬音内の盆踊りには18-125mmを持って行ったんですよ。土地鑑もなく、初見参の勝手の知らない祭りには、夜間といえどズーム比が大きいと安心かなと思って。
 まあ現地でスピードライトを同行者に貸してしまったため、カメラ内蔵フラッシュで勝負しちまったんでしたが(^^ゞ

 単純にレンズが明るいとかそういうこと以前に、ヌケという点で劣る18-125mmでスローシンクロというのは、流した絵の中の芯がきっちり出てなくてストレスですな。後作業でコントラスト調整しなきゃならん前提ってな感じで、ストレスですわ。
 タムロン17-50mmのヌケがいいとは言いませんが、18-125mmよりもはマシであり、もうちょっと絵に芯が欲しいなーと18-125mmに対して感じてしまうのは、やはり物足りないものがあるからなのでしょうね。

 そこで物欲方面に話がいくかといえば、いかないのであります。時間にして2分くらいは考えましたよ。なんとかならんかって。なんともなんないんです。
 重くて高価な機材なんざごめんしてほしい私は、大艦巨砲主義とは縁遠くなっておりまして、いま使ってる2本のレンズを置き換えるに足りるものは市場に見当たらないのですね。

18270_01

 このレンズを思い浮かべる方もいらっしゃることでしょうが。タムロンのレンズで望遠側が伸びればバッチリではないかという発想はあるかもですよね。
 でもねー、換算420mmなんて私は使わないですし、なんぼ暗いレンズだとしてもF5.6で勘弁してほしいということで調達した18-125mmでしたもの。

 ホント、このレンズが17-125mmのF2.8-4.0だったりしたら買いたくなったと思います。速度では劣ってもAF無音駆動のピエゾドライブ。ガッツリ効く手ブレ補正。総合的にはシグマよりタムロンのほうがキヤノン機と組み合わせた場合は好みの絵になりますし。
 ズームリングの回転方向がタムロンはキヤノンと逆ですが、頻繁にレンズ交換をしてるシーンでなければそんなに気にならないのを発見しましたし。

 物欲悪魔的には「古い銀塩望遠ズームを持ち歩かなくて良くなるから18-270mm買っちゃえよ」なのですけれど。レンズ描写以外の機械的電気的機能に頼る方向に走っちゃう怖さも、私の頭の中には存在しているのですよね。
 そのへんの物欲スパークに対抗すべく、私は自分の中に調達価格のラインを引いてみているわけです。

 まずは撮らなきゃ話になりません。それが撮影機材の宿命。いかな大艦巨砲な豪華撮影システムといえど、まずは撮ることから始まるわけです。
 私の場合は、写りに文句をタレてるより、まずはたくさん撮りなさいと。撮ってから文句言えと。手元の撮影機材から常にそう言われている気がしてましてね。
 少なくとも常用レンズをシーンによって使い分けるくらいの贅沢はしてんですから。調達したレンズの元を取るくらいたくさん撮りなさいって自分に言い聞かせてれば、物欲は自然と消えてくんですね。

|
|

« 防水機 んー | トップページ | キタコレ »

機材ネタ」カテゴリの記事

コメント

お世話になっております!17-70借りている者です^^;
すみません久しぶりに見ました。
レンズ活躍させてもらっています!

投稿: コウ | 2012年9月 3日 (月) 19:38

気に入ったらレンズ買ってw

投稿: ビヨ | 2012年9月 4日 (火) 18:54

いっつもレンズ代持ち歩いて!?ます^^
次お会い出来ましたら(^^)/

投稿: コウ | 2012年9月 4日 (火) 19:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 防水機 んー | トップページ | キタコレ »