« 常用レンズがなぁ | トップページ | グダグダ野営 その1 »

キタコレ

 なんで標準ズームごときで考え込んでたのかといえば、できるだけシンプルにしたいからなんですよ。機材も思考も。

 以前から「自動処理で任せられると思えるものはカメラ任せにしちゃってもいいじゃんか」という考えの私ですんで、多分割測光(とくにEOS-1n以降)のAEはメーカー問わずカメラ任せでほぼ信頼できると思ってます(もちろん意図的な露出コントロールが別途できるという条件付で)し、AFもシビアに正確さを問うような撮り方はしてませんので、とりあえず自動でピントを合わせてくれると楽でいいなって。

 そうやって信頼できる部分をカメラ任せにできると、余計なことを考えなくて良くなりますんでね。撮影時の考え事が減るっしょ。
 先日の西馬音内でも、クルマを停めた場所からけっこう歩く前提でしたので、カメラバックは持たず交換レンズも持たず。
 人混みの具合が想像つかない初見参の祭りでは、バカCマン時代を髣髴とさせる標準ズームにスピードライトのみの装備(実際はスピードライトを使えませんでしたが)がね、個人的には鉄板装備なんです。なんとかなるだろうと。

 そうやって機材も思考もシンプルでいたいと思いつつ、あまりにもカメラ側へ任せっきりなのも不安を感じるというのは、銀塩育ちというところですかな。

 と書いておいて、おもむろに話の矛先は変わりますが。

Dp1m_001

 発売日が決まりましたな。2週間後の9月14日。こんだけ間近な時期なら得意の発売延期はないでしょう。
 ええ、私は待ち焦がれていたわけでして、予定では1年後くらいに価格が落ち着いたところで突撃するはずだったんですが、28mm相当域で使える気合のデジタル機というものが手元になく、実はけっこう物欲度MAXな私であります。

 レンズのMTFとか見てますと、フラットな描写ではなく画面センターに集中させた性格のように思え。
 F2.8じゃなくてもF3.5で私は文句を言いませんでしたけどもねえ。かつてGRとTC-1を使ってみて下した私の基準でw
 TC-1は浪花節的な写りの個性的なレンズでしたからなぁ。そっちを私は好んだわけで。

 仮にシグマのセンサーを積んだ機種が他メーカーにあるとするなら、今回のDP1mはレンズ描写で一点豪華主義とか冒険してきた可能性はあるんでしょうが、なにしろオンリーワンですからね。冒険はできますまい。
 逆に冒険ができないから正統派で攻めてきてるという見方もできるんでないかな?などと、良い方にしか判断できない状態の私でーすwww

 少なくてもフードとセットで。場合によってはSDカードを買い足すかも。あとバッテリーはDP2x同様に複数体制でいきたいところ。
 たまには頭を使うとか足でアングルを稼ぐとか、そういう基本的な撮影行為をしてないと、自分の頭の中まで自動化しちゃいそうで。そんな自分を奮い立たせるにはいい機材だと思うんです。DP1mは。

|
|

« 常用レンズがなぁ | トップページ | グダグダ野営 その1 »

機材ネタ」カテゴリの記事

コメント

メリル用のボディスーツのセカンドサンプルが来ました。

投稿: エンゾー | 2012年9月 5日 (水) 01:12

つまり、予約しろと?w

投稿: ビヨ | 2012年9月 5日 (水) 07:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 常用レンズがなぁ | トップページ | グダグダ野営 その1 »