« 物欲に点火してみる その2 | トップページ | 物欲に点火してみる その4 »

物欲に点火してみる その3

 で、SD1mをポチる前提として、価格面から考察してみると・・・。

 (某店価格基準)
・SD1mの17-50mmスターターキット \223,000
・バッテリーグリップPG-31 \18,000
・予備でバッテリーBP-21 \6,300
・レンズのプロテクトフィルター77mm \3,000

 という具合で、総計\250,300也。覚悟はしているものの、庶民にとって安い買い物ではありまへんな。
 センサーに納得がいっているとはいえ、カメラを手にしたこともなく、ましてやレンズも使ってみたいわけではないというモチベーションの低さ。初代SD1の高価格を前提にしちゃうと安く感じる錯覚はありますが、純粋な単価として安い買い物ではありません。

 んー。DP2xを使ってると、色を整えるのがかなり楽になってますので、このノリなら普段から使えるなぁと思ってるんですが。
 ただDP2xの場合、かなり贅沢なレンズを固定搭載している安心感がありますからなぁ。レンズとセンサーという二つの旨みがありますので、ボディが多少チープだとしても許せるのですよね。

Sd15_1850

 ん?そういえばSD15もずっと併売なんですね。しかもDP2xと同じセンサーと映像エンジン。むむ。ここはSD15で遊ぶという手もあるのでは・・・。

 SD15のレンズキットは、安いのによく写るという評価の18-50mm F2.8-4.5(29-80mm換算)のキット、それに望遠の50-200mm F4-5.6(80-320mm相当)を追加したダブルズームキット、そして私が泣きながら使ってる18-125mm F3.8-5.6(29-200mm相当)のキットがあります。

 とりあえず18-125mmキットはスルー。あのレンズで使うには惜しいセンサーということで。かといって18-50mmは少々寂しい気もしますんで、ここは某君へ里子に出した17-70mmを再びチョイスしてみるパターンと、17-50mmを選ぶパターンを考えてみます。

 (某店価格基準)
・SD15ボディ \56,300
・17-70mm F2.8-4 \37,480(プロテクトフィルター付)
・バッテリーグリップPG-21 \21,000
・予備バッテリーBP-21 \6,300
 計 \121,080

・SD15ボディ \56,300
・17-50mm F2.8 \56.800(プロテクトフィルター付)
・バッテリーグリップPG-21 \21,000
・予備バッテリーBP-21 \6,300
 計 \140,400

 おや。意外に出費。新鋭高倍率ズームの18-250mmを組み合わせても、17-50mmと価格はほとんど変わりません。このくらい出すならSD1mへ行ってもいいような。
 18-50mmのキットが\64,800なのですよね。余計なものをつけたがるから高くなるのであって。18-125mmキットでも\72,800。

18_50

 18-50mm F2.8-4.5 DC OS HSMは、我が18-125mmと同じく低価格レンズカテゴリーで、もうレンズキットのために作られたレンズと形容しても過言ではない存在ですが、その実力は侮れないものがあり、シグマさんの良心とも呼ばれてるレンズ。
 こいつで一本勝負というのもなにやら潔くていいのかと、ふと思わなくもなく。

 DP1xへ手を出す気はなく、DP1m待ちの身としては、どうせ発売直後の価格では買えないのだからして、28mm相当域と中望遠域をカバーしてくれたらとりあえずあと1年くらいは足りる勘定になります。1年も待ってたらたぶんSD1mへ相応のレンズも登場するでしょうし。

 というハンパなマウント乗り換え作戦も、考えようによっては成り立つかなと思ってマス。
 最近は60Dをメイン右手へ、首からDP2xをブラ提げ、カメラバックにはトキナーの広角ズームとタムロンの古い望遠ズームというスタイル。DP2xの出番がなくなると悲しい気持ちもあったりするんですがね。

 とりあえず普段撮り歩く機材をシグマ化したいという欲求は、今でも地鳴りのように鳴り響く低音なのですよ。デジタルはX3ダイレクトセンサー。

|
|

« 物欲に点火してみる その2 | トップページ | 物欲に点火してみる その4 »

機材ネタ」カテゴリの記事

コメント

今日のエントリを読むとSD15のレンズキットが欲しくなってしまいました。18-50mm付きで¥64,800ですか。心が動きます。
でも、できればもう1週間早く読みたかったです。というのは、先日ヤフオクでオリンパスのE-500を入手してしまったのです。マイクロのつかない、もう滅び行く規格の4/3の方をです。
イメージセンサは大きい方がいいと思っていたのに、ネットでコダックブルーの作例を見たら突然欲しくなってしまい、気がついたら落札していました(^^;)

1週間前に今日の記事を読んでいたら、きっと我慢してSD15の方を購入していたと思いますが、これも何かの縁と思ってE-500を使い倒したいと思います。

投稿: kazurin | 2012年7月22日 (日) 00:09

いやー。基本的にボーナス払い可能シーズンに入ると動き出す男なので(^^ゞ

DP2xで納得がいけば、SD15もイケるよねって話でして。さすがに初代DP2は色を揃えるのに泣く仕様ではあったものの、DP2xを使ってみたら、少なくても色で泣くことはなくなりましたからね。
この画像のノリで一眼レフを使えたらおもしろいだろうなって、最近思ってたんです。

もちろん、AFもレンズ描写もリジットのDPシリーズのほうが上だとは承知の上での話。
速写はDPにお任せして、SDでは腰を据えたノロノロ撮影でもいいのかなって。
あるいはMFにセットして、絞り優先的なまま被写界深度で攻めるレンジファインダー機的な使い方でSD15もおもしろいかもしれないとか。

昨年、震災後の仙台六魂祭で銀塩を一眼で使いまして。その時の感触が、一眼でスナップもありかと考える基礎になってるかもでした。

投稿: ビヨ | 2012年7月22日 (日) 21:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 物欲に点火してみる その2 | トップページ | 物欲に点火してみる その4 »