« お見苦しくてすいません | トップページ | 掘り起こしてみる? »

ちょっと鉄

 ローカル系のまったく需要がないネタを。

 かつて国鉄があった頃、それに比して民営鉄道を私鉄と呼んでいたわけですが、JRになった今はなんと呼んでるんですかね。地方鉄道とか?

20120623093444

 国鉄から三セク化した以外で当地にある地方鉄道といえば、秋田市の秋田臨海鉄道(株)。上記地図の土崎駅から伸びる私鉄表示のラインがそれで、北線と南線に分かれてます。
 秋田県の資本も入ってる典型的な地方の臨港鉄道で、利用企業とJR貨物が出資し合ってる貨物輸送専業。

 マイナーな臨港線ながら、たまにそちらの趣味の方が列車を撮影したりしてまして、私もかつてはこの沿線でなにかひとつ撮れないかと考えたことはあったものの、あまりにも殺風景な周辺ロケーションと、運行本数の少なさから、退屈して諦めたことがあります。

 非電化路線なので使われている機関車はディーゼル機関車。地方鉄道でディーゼル機関車といったら、まずは国鉄DD13型タイプですわな。はい、パクってきた画像。

Dd13_611

 地方鉄道で使われるディーゼル機関車では大多数を占め、大きさの割に意外と重い機関車なのでレール側の対応も必要なはずながらも、メジャーな存在であります。
 秋田臨港鉄道で見られる機関車はほぼ99%このDD13型に準じた形式のもので、南線では定番の姿です(北線はほぼ列車運行そのものがありません)。

 で、ヤード入れ換えでは国鉄DE10型に準じたものを使っていて、その他に社内呼称DD35型と呼ばれる機関車もあるはずなのですが。
 日本各地で使われていた「DD35」という形式の私鉄機関車は、形がDD13のようなシルエットで、もっと小型。んで足回りが蒸気機関車みたいなロッド式という古いもののようです。津軽鉄道のストーブ列車牽引で有名ですね。

 で、ググってみましたら、ちゃんと撮影している方がいらっしゃいますね。
 http://js3vxw.cocolog-nifty.com/photos/akita_rk/akita_rk_dd351_.html
 なんとも古い形の機関車ですが、これが秋田臨港鉄道でのDD35機関車。

 実は私、別の機関車を見たような気がして、こうしてググっていたのですが。

Img_2697_2

 これセンターキャブスタイルじゃないのですよ。片運転台というやつで。塗装もブルー基調の秋田臨港鉄道カラーではないし。
 もしかしたら鉄道会社とは別の工場構内専用機とかですかね。と思ってたら。
 http://homepage3.nifty.com/m_horikoshi/3_3Kouzan/_Ry_11_Kamioka.htm
 似てるwww


|
|

« お見苦しくてすいません | トップページ | 掘り起こしてみる? »

ローカル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お見苦しくてすいません | トップページ | 掘り起こしてみる? »