« DP2xが来ました | トップページ | 穴場巡り的な »

世代というものか 社会環境というものか

 気がついたらとっくに100万アクセスを超えてたんですね。興味がないので気がついてませんでした(^^ゞ
 本家と比べたら、やはりブログというのは、ものすごいアクセスがあるんですねえ。それだけ書く内容について考えなきゃならんということでもありますか。筆が鈍りますな。

 当地の連休後半は、4日のうち前半2日が雨、とっくに散りつつある桜は後半にはアテにならず、といったところ。おそらく後半は家族連れが訪れるような施設が繁盛しそう。

 私はどうしようかなーと考え中。畑仕事もやらにゃなりませんし。それをどこへ当てるかって感じで。

 そういえば宇宙戦艦ヤマト2199の第三弾PVが公開になっているようですねえ。旧作での沖田さんの名台詞「明日のために今日の屈辱に耐えるんだ!それが男というものだ!古代!」が、どうも新作では割愛されているようで。
 ヤマトにおける沖田さんの決め台詞は、大変に含蓄なのですけれど、どうも浪花節は排除されておるのだなーと、ちょっと寂しく思いました。

 まだ戦中派が生き残っていた時代の浪花節ヤマトと、平成震災原発事故後のヤマトじゃ、やはりノリが違うのでしょうかねえ・・・。

|
|

« DP2xが来ました | トップページ | 穴場巡り的な »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

あのセリフ無いんですか? 出渕さんが監督だっていうのに!
真田さんの中の人もお亡くなりになってしまって、新作は見る価値も無い。

投稿: 刹那・M・セイエイ | 2012年5月 5日 (土) 08:11

少なくとも公開されているPV上では確認できませんでしたなぁ。
西崎さんの意向なのか、それとも松本零士さん的な男の表現なのか、ヤマトにおける沖田艦長のセリフには染み入るものが多いんですけどもねえ。
旧作を尊重した作りと思えた2199も、浪花節は排除されてんのかなぁと、いささか寂しく感じましたのです。

投稿: ビヨ | 2012年5月 6日 (日) 20:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« DP2xが来ました | トップページ | 穴場巡り的な »