« 原版整理がムズい | トップページ | ジュースS4もいいよ »

昔の名前で出ています

 ふう。ちょろすな更新しました。ツキイチ程度でしか更新しなくなると、作業がキツいですね・・・。

Img_0837_2

 懐かしいレンズに今回は活躍してもらいました。タムロン472D。いわゆる70-300mm/F4-5.6LDというやつです。20年ほど前のレンズでして、372Dの名前で通っているようですが、我が家のレンズには472Dと記されております。マイナーチェンジかなにかで番号が変わったのかもしれません。

R5443kdxr

 このカットを撮ったレンズでやんすね。ボディ側のセンサーや映像エンジンとの相性というものもあるかとは感じつつ、きっと60Dでもそこそこ写るだろうと決めてかかりましたら、「場合による」というとこですネ。光線や天候によると思います。
 それでも便利使いできる望遠系ズームは我が家にこれ一本。銀塩時代は望遠系は単焦点にお任せでしたのでねえ。

 望遠レンズを単焦点に頼るというココロは、単に画質や開放F値の有利さだけではなく、焦点距離を便利にトリミング状態にできないからこそ、画面に被写体を叩き込むようなカットも必然的に生まれるであろうという打算もあり。
 構図もクソもなくね、もうこの画角でこの距離なんだから、これで撮るしかないのだ的にレリーズするというか。結果的に画面いっぱいに被写体を凝縮できればいいだろうっていう浪花節みたいな。

 そういう考え方は初見参の行事だと通用しづらく。勝手の知らない撮影場所ではやはりズームレンズが吉なのです。
 理想的な撮影ポジションを一瞬で見抜く能力を持っていたとしても、その位置で手持ちのレンズが通用するかどうかは別の問題ですし。

 望遠系を駆使することがわかりきってるイベントというのは、場慣れしてないと難しい場合も多々あるものです。

|
|

« 原版整理がムズい | トップページ | ジュースS4もいいよ »

機材ネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 原版整理がムズい | トップページ | ジュースS4もいいよ »