« Instagramというもの | トップページ | どんどん撮るのヘタクソに »

常用レンズ報告

 水質分析の仕事では立ち仕事の辛さというものをいくらか味わったのですが、それに慣れてしまったらしく、久しぶりに身体を動かす仕事をしたら、いきなり下半身全体が筋肉痛。

 直後でこれだけ痛いんですから、明日はもっと痛むかもw

 話は変わりまして。

1770os_01

 このレンズを里子に出しました。どうも写りに納得がいかないためです。

 人それぞれ、レンズの写りには好みというものがあるはず。優秀かどうかではなく、好みじゃないという理由一点ですな。世間ではそれなりに評価されているレンズですので。
 それともうひとつ。以前に使っていたOS無しのレンズが我が家へ戻ってきたというのもあります。世間がどう評価しようと、私には旧型のほうが納得して使える写りなのですよ。

18_125_1

 こっちに関しては長所と短所をとりあえず把握できた気がしますんで、ロケーションを事前に知ることができない祭りなどへ突撃する際の武器にいたします。ええ。

 これで5万とかで売ってたら、いろいろと文句を言いたくもなりますが、3万以下で調達したレンズに、私は必要以上のものを要求しませんゆえ。価格からしたら立派な性能のレンズと思っております。

Tam1750vc_1

 で、こいつをずっとカメラにつけっ放しなのですが。露出的に当たりの範囲が狭い印象があった当初よりも、今はずいぶんと慣れてきました。

 激しく使い倒してはおりませんので、まだ断片的な印象しか得られてはおりません。手ブレ補正がかなり有効的に効いているのは世評通り。しかもシグマのOSよりも早く機能が開始されますんで、咄嗟の際にも不安を覚えることはありません。
 AFに関してはノイジーながら、非超音波系モーターのわりには速いんでないですかね。意外に迷いませんし。

 いいとこをちょっと見せてみろやぁ、といった気持ちがまだ解消されてはおりませんので、引き続きタムロン17-50mmを使い続けます。

|
|

« Instagramというもの | トップページ | どんどん撮るのヘタクソに »

機材ネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Instagramというもの | トップページ | どんどん撮るのヘタクソに »