« やっぱり使ってみたいかも | トップページ | 冷たい男 »

野営に出るのを忘れておりました

 角館の火振りかまくらカットについて、シャッター速度を併記するのを忘れまして。シャッター速度優先AEに、いつものマイナス補正をデフォルトでカマして撮ってたんですが、そういう撮り方をしていたのを撮った本人も忘れちまってまして(^^ゞ

 デジタルならではなのですが、撮影結果を確認しつつシャッター速度を変化させて撮ってました。最短で1/4。長くて2秒。手ブレ補正が意外と使えるのだと判断してましたので、手持ちオンリーです。
 だいたい1/2秒から1秒くらいがストライクゾーンだったように思えます。露出よりもシャッターを切るタイミングが大きく影響しましてね。
 クルクル回ってる様子を表現したいなら、高さのある場所から1秒以上の露出が必要でしょうなあ。もちろん三脚があればベストながら、雪の上では三脚が沈むんですよねー。三脚を使うならそのへんが鍵ですな。

 あ。ちょろすなのキャプションは面倒なので露出表示を変更しません。作業上、大変に面倒だという理由だけですがなにか?

 話は変わりまして。

R5256e24xp2s

 実にですね、野営へ出かけてないなと。ふと気がついたわけです。昨年秋に流星観測の名を借りた野宿をした以前はいつなのだろうと振り返って、ずいぶん出かけてないなと気がついたんです。

 そういえば昨年はくるみ台へ一度も出かけなかったし、海沿いの飛の崩にも行ってません。新規開拓より、お気に入りがあればいい、という性向が強い私なのに、気に入ってる野営地にすら出かけてないという。野営地天国である秋田県に住みつつ、この体たらくはありませんな。
 まだまだ魅力的な野営地はたくさんあるはず。世評と私の感覚がマッチするかどうかはともかく、野営地に関してはそんなに世間とはズレていないようで、野営地情報はチェックしてますよお。

 秋田市内の雪は、除雪で集積された雪山以外はほぼ皆無といった風情でして、海沿いならほぼ春っぽい按配でやんす。
 ただ山沿いとなりますと、なにしろ日曜に栗駒の麓まで行き、路上に立ちふさがる雪の壁で撤退してきたごとく、通常は5月の連休が過ぎないと山方面へは行けないのが秋田県のデフォ。
 国道ではなく県道指定で、かつかなり道が細くて山奥へ向かうくるみ台へのルートなんざ、もう黄金週間なんかアテにならず、6月になったら行けるかな?という。

 いつぞやは1月に突撃した飛の崩から、本年の野営はスタートしてみたいと、密かに企んでおります。
 秋田県内では「常春の地」と形容される地区ですんで。気温とのにらめっこ次第ですなぁ。

|
|

« やっぱり使ってみたいかも | トップページ | 冷たい男 »

アウトドア2012」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« やっぱり使ってみたいかも | トップページ | 冷たい男 »