« プログレッシブカメラなのか、汚れを排してないのか | トップページ | 微妙な時期に来てますね »

よくぞ言ってくださいました

 大仙市の栗林市長さんが、震災瓦礫の受け入れを正式に表明しましたですな。よくぞ決断したものです。

 秋田県と隣接する岩手県の仲が良いという話は普段出ませんが、市町村レベルでは様々に提携しているパターンが多く、さすがに見て見ぬふりはできんだろう、というのは自然な人情でございます。
 しかも岩手県内の瓦礫処分を引き受けるわけですから、放射性物質がどうのという危険性は大変に低いわけです。放射性物質の降下がひどい地区の瓦礫を受け入れるわけではありません。

 もちろん岩手県は秋田県よりも放射性物質の飛散量が多く、ゼロというわけではないにせよ、岩手県の場合、放射性物質が流れ込んだ地区と震災瓦礫が大量に発生した地区がまったく重なっていないわけで。
 そして国が間に入っているわけではなく、県や自治体レベルで受け入れをやり取りしてる点で、どさくさ紛れに放射線濃度の高い瓦礫を混ぜられる危険性は皆無でないかと推測できます。

 以上の理由により、隣人の気遣いとして、いち早く震災瓦礫の受け入れを表明したことは、誉められたとしても貶されるものではないと思います。
 にわか放射性物質通の方々は、とにかく太平洋岸からのモノはすべてシャットアウトという考えに凝り固まっているようにお見受けしますが、そんなデジタル的0か1かという発想では、この先やってけませんぜ?

 いや、妥協しろという意味ではないんです。自治体首長が見栄を張るために震災瓦礫の受け入れを表明したわけではないんで。

 冷静に感情を交えずきちんと理詰めで考えれば、放射性物質によって海洋が汚染されたのは震災後のことであり、岩手県の険しい地形から、沿岸部はほぼ汚染されていないと考えるのが当たり前かと思います。
 そして人が暮らせる地域がどうしても少なくなってしまう地形だからこそ、震災瓦礫を処分しないと被災地の未来が開けてこないという事実があるわけですね。
 放射性物質による「汚染」という言葉がそのままの福島県沿岸部の状況と、岩手県沿岸部を感情的に混同してはいけないと思うんですよね。

 「このままでは絆という言葉が遊んでしまう」と、よくぞコメントしてくださいましたよ、栗林市長。被災地の人々が内心で感じているのは、上っ面だけの支援や言葉だけの支援の空しさでしょ。
 本当に一肌脱いでさしあげる。自分の管轄する住民に危害が加わらないなら、風評など気にせずできることはやる。正しい姿勢だと私は思いますよ。

1fdc0bcc_2

|
|

« プログレッシブカメラなのか、汚れを排してないのか | トップページ | 微妙な時期に来てますね »

ローカル」カテゴリの記事

コメント

岩手県人です。
県央花巻ですが、コメントありがたく拝見いたしました。
これからも、宜しくお願いいたします。

カメラでこちらにお邪魔しました。

投稿: | 2012年2月 3日 (金) 12:42

秋田県内の自治体が次々と受け入れを表明し始めました。
なんにせよ、早く復興へ近づけたいですね。

投稿: ビヨ | 2012年2月 5日 (日) 21:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« プログレッシブカメラなのか、汚れを排してないのか | トップページ | 微妙な時期に来てますね »