« 長時間停電で一番役に立ったもの | トップページ | ミリオタのたわごと »

長時間停電の夜に

 単なる風邪と思ってましたら、熱が38℃を越えまして。久しぶりに苦しかったっす。んでそのまま無理して仕事に出て、これまた辛かったっすw

 さて、前エントリーの続き。

 今でも枕元に置いてあるヘッドランプに続いて、冬の停電の夜に役立ったものはコレ。

Img_4206_2

 羽毛の冬用シュラフっす。ナンガのやつですね。ここのメーカーさんは他社より幾分長めに作られてますんで、背の高いヤツに吉w

 311では午後からずっと停電になった当地。まだ普通に夜中は道路が雪で凍ってる時期。当然に帰宅したアパートは冷え切っています。暖房器具も動きません。
 緊急待機で夜半近くまで職場にいて、翌日は朝からまた職場で待機しなければならなかったため、とにかくすぐに眠りたく、非常用に用意していた反射式ストーブをセッティングする気にもなれず。
 そこでこのシュラフの上から布団をかけて寝てしまいました。ひんやりした感覚がしばらく消えないとこがアレですが、自分の体温で一度暖まれば快眠。なんとか寝られるものです。

 幸い、震災の翌日には停電から復旧しましたし、その夜は出先で待機の夜明かしでしたので、寒くて辛い思いをしたのは一晩で済み。もっと停電が長引くようなら、もう火器の出番だったでしょうねえ。

Img_2907_2

 なにもアウトドア用の火器でなくても、カセットコンロでもいいと思うんですよ。そんなに高いものじゃありませんからね。
 ホムセンの特売なら2千円ちょっとでカセットコンロが買えちゃいます。ガスボンベはレギュラーサイズ3本で2百円台の時がありますし。万が一に備えるという意味では高い買い物じゃないと思います。

 羽毛のシュラフは高いからオススメしませんがw

|
|

« 長時間停電で一番役に立ったもの | トップページ | ミリオタのたわごと »

アウトドア2012」カテゴリの記事

コメント

震災時、反射式ストーブは大変助かりました。
宮城県沖地震と今回の地震で都市ガスは1ヶ月アウトですよ。節電という意味では?ですけど・・・
4日で復帰した電気。オール家電の家が羨ましかったなぁ。

投稿: ガキ | 2012年1月29日 (日) 11:22

ライフラインでは電力がもっとも復旧が早いといいますからねえ。
阪神大震災規模で、6~9日で復旧したとか。
とはいえ、停電が実質24時間ほどであった当地のオール電化も、
実際はけっこうキビしかったらしいですぜ。
とくに非常時のオプションを用意していなかった世帯は。

投稿: ビヨ | 2012年1月29日 (日) 21:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 長時間停電で一番役に立ったもの | トップページ | ミリオタのたわごと »