« Open your eyes ですなぁ | トップページ | 早くも屋根から雪下ろし »

G1X

G1x_01

 搭載素子の大型化をキヤノンさんはG1Xで実行したわけで。快調なパワショS系の進歩を見てますと、ある程度は大きな筐体を備えているGシリーズとしては、正常進化という気がしますけれど。確かに従来のGシリーズよりも嵩張るサイズになったみたいですね。

 一部のファンにだけウケていたSシリーズが、S90をきっかけに「使える小型本気カメラ」という明確なポジションを構築してしまい、全世界的に需要が生まれたりしまして。
 同じようなセンサーを積んでいたGシリーズのアドバンテージが薄くなってきているとは思ってました。
 搭載レンズが望遠側に長いことと、アナログダイヤル操作がメインであること。バリアブル背面液晶と、アバウトながら光学ファインダーを備え。そしてNDフィルター機能を搭載していることがGシリーズの長所ですか?

 私はGシリーズに関する魅力はNDフィルター機能でしてね。低感度にセットしていても絞りを全開にできない状況というのはよくあるものでして、そんな時に昔のG3ではNDフィルター機能を重宝しておりました。デジタル機ならではの便利機能だと思ってます。
 けれどNDフィルターを気にするような人は、小センサーによる被写界深度の深さを気にしたりしてるかもで、そういったユーザーさんに向けてもセンサーの大型化という方向はアリかと納得がいくのでした。

 とはいうものの。ただでさえ微妙なポジションになってきた「高級コンデジの筐体が大きい部門」の将来を考えますと、動画機能のウエイトが増えて、ビデオカメラみたいな形に変化していったりしてなー、というのもありますわね。

|
|

« Open your eyes ですなぁ | トップページ | 早くも屋根から雪下ろし »

機材ネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Open your eyes ですなぁ | トップページ | 早くも屋根から雪下ろし »