« DP2に注力 | トップページ | 恭賀新年 »

無駄な情報

 吼えたいことは様々あるのですが、ネタが大きすぎて、こんなとこで吼えててもなにも変わりゃしないと意気消沈。だから半径2mにこもるとw

20111227_140951_2

 だいたいは雪が降り始めないと出ない積雪予報では、今年は雪が多いんだそうです。後出しジャンケンみてえな予報はいらねえよw

 いらないといえば。今シーズンから秋田県が始めた「雪下ろし注意情報」というヤツ。さぞや科学的なデータ蓄積を基本にしているのかと思いきや。「注意してください」でおしまい。
 そんなの自治体でやらなくても、誰でも知ってるっつーの。やってますよ、というポーズだけの無駄な仕事に思えてなりません。

 ヘルメット被れとか命綱つけろとか、そういうアバウトな注意は逆に危険だということも考えていただきたいのです。
 ヘルメットを装備することで、体力の衰えた老人の重心が上がって転倒しやすくなるだとか、変な命綱のつけ方で落下の際に首吊り状態になったりする人も過去にいたのですよ。

 意味のない注意情報を流すくらいなら、正しいヘルメットの選び方とか、命綱なんていうアバウトな言葉ではなく「安全帯」を推奨するとか。
 安全帯のアンカーの理想的な位置は、一般的な家屋ではこういう部分ですよとか、具体的な解説のチラシをこさえて全戸配布したほうがよほど効果的では。絶対に事故は減ると思うんですのよ。

 私なんぞは高い場所が基本的に苦手ですので、屋根に上がらなきゃならない場合は必要以上に安全マージンを取りますよ。
 屋根の雪下ろしも、天気と気温に相談して決めております。危険が少なく、かつ最小の手間で雪を下ろせるような。いくら積もってても気温が低い日はやらないようにしてます。

|
|

« DP2に注力 | トップページ | 恭賀新年 »

ローカル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« DP2に注力 | トップページ | 恭賀新年 »